財務 省 人事 異動。 2020年の金融庁・財務省幹部人事異動評

令和2年(2020年)新着情報:その他 : 財務省

中江氏といい美並氏といい、59年組からは、いわゆる次官クラスの人が一人も出ないことになります。 国際的な人的ネットワークは、日本全体のリスクマネジメントとしても極めて重要だということです。 財務省はそれを完全に排除したということではないでしょうか。 令和2年10月15日• 令和2年10月30日• 令和2年07月29日• 少なくとも、このどれかを各入省組に割り振ってきました。 ただ、官邸と仲がいいだけではマクロ政策運営担当者としての責任もあります。 令和2年08月20日• 政府が14日発表した中央省庁の幹部人事。

>

令和2年(2020年)新着情報:その他 : 財務省

そこをどう折り合いをつけていくのでしょうか。 令和2年09月30日• 事前の予想と異なり、様々な臆測を呼んでいる。 メンバーには各国の中央銀行総裁や財務大臣などトップクラスが並ぶ常任委員会です。 国内の金融監督だけでなく、世界にも目を配るという重責を担っているということを強調しておきたいと思います。 財務省の事務方トップの事務次官には伝統的に主計局長がなることが多いというのも、主計局の力の強さを示す省内の暗黙のルールだ。

>

令和2年(2020年)新着情報:その他 : 財務省

令和2年09月29日• 異色の経歴 予算編成を担う主計局は、財務省の中でもとりわけ大きな権限を持つ。 退官理由はまったく不明です。 日ごろのお話を伺っている印象からすると、意外とドライに処理するのではないかとみています。 令和2年09月17日• 令和2年08月11日• 令和2年04月28日• 格下のポストに、年次も下のポストに転じたことになります。 可部主計局長・矢野主税局長留任が省内の常識でした。

>

財務省人事異動は過去になく厚労省を意識/社会保障関連予算を巧妙に抑制か

59年には、西田安範前防衛省・防衛審議官がいわゆる次官クラスとなりましたが、本省ではなく、他省庁の次官クラスです。 令和2年09月01日• また、中江氏は総理秘書官でした。 令和2年09月04日• 令和2年07月17日• まして、中江氏は安倍官房長官のときの秘書官も歴任しています。 矢野氏は省内でも厳格な財政再建論者として知られ、「原理主義者」と評されることもある。 令和2年07月03日• 令和2年11月24日• 令和2年06月25日• 受けに強い人物(猛烈に頭の回転がいい)が必要となれば、可部。

>

2020年の金融庁・財務省幹部人事異動評

それが、可部氏が国税庁長官になったのは、驚きでした。 令和2年06月26日• 中国がそれを意識しているのは、ご承知の通りです。 令和2年01月31日• 令和2年02月03日• 次官、財務官、国税庁長官です。 令和2年03月16日• あるとすれば、麻生財務大臣とそりが合わなかった可能性があります。 今回、事務次官に就く太田充主計局長(60)の後任として、省内外で名前が挙がっていたのも、矢野氏と入省同期の可部哲生理財局長(57)や1年後輩になる茶谷栄治官房長(57)ら。

>

財務省のサプライズ人事 「原理主義者」起用の狙いとは:朝日新聞デジタル

なるほどです。 令和2年03月17日• しかし・・・。 一般的に知られているような自己資本比率規制だけでなく、今後、ポストコロナ時代の様々な指針作りを誘導していくことになります。 令和2年11月02日• 令和2年09月10日• 令和2年10月07日• つまり、国内金融機関とのコンタクトが弱いという見方です。 このような異例の人事異動が発令された背景には、木下康司次官の勇退と後任には香川俊介主計局長の次官就任。

>

財務省のサプライズ人事 「原理主義者」起用の狙いとは:朝日新聞デジタル

令和2年11月19日• 矢野氏はポジションから当然のことなのですが、官邸の今井秘書官以下の安倍総理側近との距離が近く、菅官房長官とはいわば因縁の仲です。 令和2年10月23日• 令和2年06月17日• 令和2年04月27日• この問題が表面化した前後に美並氏、武内氏とも近畿財務局長でした。 確率は低いものの場合によっては可部氏ということでしょうか。 令和2年01月10日• さらに主税局の田中一穂局長誕生も次官ポストを意識したものとされ、財務省内の「同期から次官は一人とする」という暗黙のルールによるとものとされている。 令和2年07月16日• それは安倍総理との決別ということです。 話題は少しずれますが、リーマンショックや今回のコロナショックのときに、日本の銀行のドル調達が危ぶまれました。 令和2年04月01日• 氷見野氏のキャリアについては、いろいろなメディアで紹介されていますので省略しますが、あまり知られていない特筆すべきキャリアは、なんといっても現在、FSB・金融安定理事会の監督・規制に関する常任委員会の議長だということです。

>