重い 毛布 ニトリ。 ニトリの重い毛布が話題の理由は?重さが不眠症や発達障害に効果あり?|アレって気にならない?

ニトリ「重い毛布」に絶賛の声が続出!「不思議とリラックスして寝られる」「落ち着く」

ニトリで販売中のこちら、特殊なビーズが入っていて、体のラインに沿ってぴったりフィット。 オンラインショップでは11月5日現在で、12月下旬以降のお届けとなっていました。 ただし、長期間使用していくことで毛布の重さに慣れて、睡眠が改善されるケースも口コミで見かけたので、今冬中は使用していくつもりです。 ちなみにニトリでは毛布のほかにも、 「重いアイピロー」(555円)や「重い肩あて」(1843円)、「重い首まくら」(1843円)といった「重い」シリーズを展開。 羽毛布団など軽い布団の方がよく眠れる• 「マイアミ大学が行った実験では、人は体に圧迫が与えられた状態だと、ストレスホルモンの『コルチゾール』が31%低下し、幸せホルモンの『セロトニン』が28%増加することが分かっています。

>

【人気すぎて品薄】ニトリ「重い毛布」があっという間に在庫ナシ状態に…「想像以上に暖かくて最高」と大好評(1/2)

実際に試した使用感や私の感想 引用:ニトリネット公式より 5. 大好きな人に抱きしめられた時の感触を。 店舗在庫わずかになっていました。 実際に医療現場で使われることが多く、以前は高額なものが多かったのですが、最近ではAmazonや楽天などのインターネットショップ、ニトリなどの店頭でも買えるようになりました。 身体に適度な重みを与えることでホルモンに働きかけ、リラックス効果をもたらし、不眠の悩みを解消してくれるものです。 ちなみに、重い掛け布団に限らず、寝具全般がよく売れるのは3月。 しっかり汗を吸い取るのでサラッとしてムレにくいのも魅力のひとつ。

>

bul.co.ug:ニトリ「重い毛布」も大人気!掛け布団の重量が睡眠の質に影響する理由

まだ体感したことない人は、この機会に重い毛布に包まれてリラックスしてみませんか? 今までには感じられなかった安心感でぐっすり眠れるかもしれませんよ。 ずっと同じ体勢のままだと身体が疲れてしまうので、圧迫感だけを追求して何枚も掛け布団を重ねるのはおすすめできません。 軽くても保温はしっかりしてくれるので、軽くて保温力高い毛布が欲しい人にはおすすめです。 重い布団のデメリット では次に重い布団を使用した際のデメリットについてみていきましょう。 重い毛布は 就寝時に不安感を感じてる人・不眠で悩んでる人におすすめと言えるでしょう。

>

ニトリの毛布 Nウォームモイストの口コミ。あたたかい、軽い、肌触りがいい、静電気軽減

同じくニトリからでている商品で 『重い首あて』という商品です!! 『重い肩あて』の仕様など• お米と一緒ではないか、お米と一緒に寝ろということになるのか。 ニトリの重い毛布の重さや価格は? 引用:ニトリネット公式より ニトリの「重い毛布 o LGY 」の仕様や価格は以下の表の通り。 デメリット 重い毛布を使うと疲れるという人も多くいます。 幸せホルモンが睡眠ホルモンを作り出す 幸せホルモンとしておなじみのセロトニンが、睡眠ホルモンを作り出す働きを持っているということなんです。 というか、この重い毛布、重量が5キロちょいもある。

>

ニトリの重い毛布が話題の理由は?重さが不眠症や発達障害に効果あり?|アレって気にならない?

PTSD などの精神的な疾患に悩まされている人に対しても安眠効果がある様子。 1万円しないので安い(中国製だから?) 意外と大丈夫みたい。 皆さんが毛布を選ぶ基準は、体をしっかり暖めてくれる高い保温性という方が多いとは思います。 ちなみに僕が買ったニトリの「重い毛布」は税込みで値段税込み6101円。 じゃあなぜ『重さ』がミソなのか、そこをわかりやすく説明するね! 人気のひみつは『重さ』にあった! 「布団などの寝具は軽いほうが寝心地がいい!」 「布団が重いと眠れないよ!」 こんな声が聞こえてきそうですね。 寝つきがよくなった• 下準備として、ニトリのサイトをチェック。

>

【人気すぎて品薄】ニトリ「重い毛布」があっという間に在庫ナシ状態に…「想像以上に暖かくて最高」と大好評(1/2)

自閉症スペクトラム• 重みによる効果はなくても、毛布本来の暖かさや肌触りで癒されましょう。 今あなたがお使いの毛布はどんなタイプの毛布ですか? 簡単な特徴をまとめてみましたので、参考にしてみて下さい。 発達障害を抱えている人で、 「睡眠の質が悪く、睡眠薬を複数飲んでも眠れない」などといった悩みを持った方が多いそうです。 普段寝つきがあまり良くないのですが、この日はいつもの数倍早く眠りに落ちた気がします。 すると、重い毛布は、睡眠の質を改善してくれる効果がある、という記事が多数。

>