東京 都 市 区 町村 別 感染 者 数。 東京都区市町村別新型コロナ感染者数ランキング

東京都の新型コロナウイルス感染者の分布マップ(市区町村別) | グラフストック

— 、• 芸能人やスポーツ選手、公職にある者などで実名が報道された場合においても、当社「マップ」では実名を掲載しません。 当社の「マップ」では、「陽性確認日」を基準としているため、「陽性確認」から「報道発表」までに日付をまたいだ場合は、ズレが生じることとなります。 当社の営業時間外でも更新する場合がありますが、更新時間のリアルタイム性について担保するものではありません。 不明もしくは非公表の場合には「不明」と記載。 国内 厚生労働省の報道発表資料における「新No. 発症日ベースの棒グラフを見ると件数が減ってきている。 項目 数値 昨日の数値 1 新規陽性者数 439. 無償で閲覧できる。

>

小金井市内の患者の発生状況(令和2年12月10日更新):小金井市公式WEBへようこそ

7376 110 -5 江東区 518479 1466 22 28. ダイヤモンド・プリンセス号のケースはどのようにカウントしていますか?• この場をお借りして御礼を申し上げます。 当日の自治体公表資料等により、上記資料公表を待たずに数値を更新することもある。 12月合計 157 件 日曜日 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 1日 2日 3日 4日 5日 31件 29件 19件 10件 14件 6日 7日 8日 9日 10日 11日 12日 7件 12件 18件 17件 13日 14日 15日 16日 17日 18日 19日 20日 21日 22日 23日 24日 25日 26日 27日 28日 29日 30日 31日• 範囲 人口 感染者数 増加数 1万人当たり 前日 現在患者数 増加数 23区 9486618 34894 409 36. 市区町村については、政令指定都市の場合には政令指定都市名までとし、区については記載しない。 (現在空欄) Field10 予備の項目として設置。 項目 数値 昨日の数値 1 新規陽性者数 167. — 「」• 159の方について、厚生労働省は居住地を滋賀県と公表しているが、滋賀県は同感染者の日常の居住地は東京都であることを理由に、県内感染についてゼロとしている。 当社が症例を管理するにあたって必要と見なした備考情報。 6343 22 -2 府中市 260011 395 1 15. 確定日に対しての、累計退院数。

>

「新型コロナウイルス感染者数マップ」について

マップ上で、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言の発令状況が確認でき、「期間」についても掲載。 厚生労働省の報道発表「発生状況」から、当該日のデータを登録する。 東京都においては、感染経路の確認に支障が及ぶこと、また、プライバシー保護等の観点から、各市町村別の患者の職業や感染経路、居住地の情報は公表しておりません。 東京都の感染者数マップ 港区はとうとう1000人に1人が感染者。 また、東京都については、市区町村別の感染者数を日次で公開している。

>

東京の市区町村別感染者数も配信開始 全症例掲載の都道府県別マップ

ダッシュボード上には掲載しない。 当社の制作公開したマップについてご紹介をいただきました報道(ニュース)、公的機関・医療業界関係・民間企業の方々について、当社の把握しているものをご紹介させて頂きます。 市町村の症例番号は登録しない。 居住市区町村 感染者が居住する市区町村、 公表している場合に限る。 居住管内 北海道のみ。

>

小金井市内の患者の発生状況(令和2年12月10日更新):小金井市公式WEBへようこそ

70代の重症患者数が一番多く 12人となっており、心配です。 2月から公開されているで、新たに緊急事態宣言の発令状況や、東京都の市区町村別感染者数が配信されるようになった。 PCR検査実施人数前日比 GIS処理用。 PCR検査実施人数の総数。 「発症数」とは、症例において「症状を発症した日」であり、その定義は症状の経過における最初の症状が発生した日です。 12月1日に発表された資料によれば新宿区、世田谷区が圧倒的に多い。

>

東京の市区町村別感染者数も配信開始 全症例掲載の都道府県別マップ

注記:令和2年5月21日の「新たに発生した患者数」は を反映した数値です。 4人 潜在・市中感染 2 7117における相談件数 57. 4608 44 -1 品川区 394700 1147 3 29. Gender 英語版の性別。 6人 潜在・市中感染 2 7117における相談件数 53. 商用利用についてご希望がありましたら、下さい。 (現在空欄) Field5 予備の項目として設置。 私どもの活動にご理解をいただき、ご寄付をご検討下さる方につきましては、下記ページをご確認いただけましたら幸いでございます。 在日米軍における感染については、検査の実施が日本国法に基づいて行われているものではないこと、保健所への通知について日米地位協定に基づいて行われているとの防衛大臣答弁はあったものの、その内容について日本の省庁からの発表がないこと、同様に自治体からの発表にも含まれていないことから、現在は掲載をしておりません。 注記:令和2年9月11日の「新たに発生した患者数」は東京都の修正を反映した数値です。

>