ヒビノ メディア テクニカル。 ヒビノ (音響映像)

ヒビノメディアテクニカルの入社理由/入社後の印象・ギャップ(全1件)【転職会議】

電気音響・販売施工事業 [ ] 海外ブランド音響機器の輸入代理業務、国内音響機器の販売代理業務を行う。 Hibino Asia Pacific Shanghai Limited 子会社(非連結) [ ]• これまでのキャリア EC事業部 映像システム部(現職・今年で18年目) この仕事のポイント 趣味・プライベートシーンを楽しくする仕事 忍耐力と集中力が必要な仕事 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事 臨機応変な対応力が身につく仕事 先輩からの就職活動アドバイス! 1988年9月1日• 当社は、イベントの映像や音響、LEDビジョンなどで国内トップクラスであるヒビノ株式会社(東証JASDAQ上場)のグループ企業として、安定した経営基盤の上で着実に未来へと歩みを進めています。 ヒビノベスコ株式会社 Hibino Besco Corporation• Hibino Audio-Visual USA Inc. ヒビノスペーステック株式会社(旧:ヒビノアークス株式会社)• 日本におけるPAの道を切り開く。 NOE Asia Pacific Company Limited• また業務用音響機器の専業企業としても国内最大級のシェアを持つ。 NOE Asia Pacific Company Limited• 「人と話すのが好き」な方、「人のため、社会のために役立ちたい」とお考えの方はぜひご応募をご検討ください。 困っていれば誰かが声をかけてくれ、声を上げれば協力者が現れる、そんな環境、雰囲気がとても好きです。

>

ヒビノベスコ株式会社 会社案内

PA業界では老舗企業であり国内最大手。 1964年に同店を母体として音響設備会社のヒビノ電気音響株式会社(現ヒビノ)を設立し、業務用音響機器の販売を開始する。 クライアントのニーズを形にする演出の企画書制作、演出を実現する映像はもちろん、照明、音響、舞台等のテクニカルのプランニング、実施に向けての台本制作、マニュアル作成、あとは当日のステージ進行、誘導受付等の運営業務等、業務内容は大変多岐にわたります。 商材はプロ用・業務用の機器がほとんどで、放送局、音楽ホール、映画館、ライブハウス、商業施設などに音響システムを納入するほか、PA会社やレンタル会社などへ販売する。 当初、日本ではコンサートに映像は必要ないとなかなか受け入れられなかったが、1985年に日本で初めてコンサートに映像演出としてのマルチビジョンを導入。 1988年9月1日• 翌年よりイベントやコンサートの映像演出サービスを本格的に開始する。 WORKS 実績紹介 期待を超える 「驚き」と「感動」を プロデュース 効果的なイベントのあり方はお客様によって、また、時代によって千差万別です。

>

ヒビノメディアテクニカル株式会社で働く先輩社員に聞く仕事内容|リクナビ2021

株式会社シグマ映像• 1988年にを導入し、社名をヒビノ、スローガンを音と映像のプレゼンテーターとし、企業ロゴも一新する。 イベントの会社だと正月・GW・お盆は仕事かと思いきや、当社は結構しっかり休めるところも良いですね。 ヒビノGMC 本支社所在地 [ ]• ABOUT ヒビノメディアテクニカルについて MICE領域のトップランナー としての誇り ヒビノメディアテクニカルは、1984年の設立以来、映像・音響・IT機器をはじめとするプロフェッショナル機器のレンタル事業、イベントプロデュースを中心に、数多くの企業・法人のイベント・コンベンションの成功をサポートし、MICE領域をリードしてきました。 入社13年目に地方で開催される大規模コンベンションの映像ディレクターを担当。 二井原実 自伝 真我Singer(2018年 )pp79 外部リンク [ ]• 役 員• WORKS 実績紹介 期待を超える 「驚き」と「感動」を プロデュース 効果的なイベントのあり方はお客様によって、また、時代によって千差万別です。 ケーブルの巻き方、アンプの接続の仕方、ミキサーの操作方法など、実際に先輩の仕事を見ながら覚えます。 日本のPAにおける草分けであり日本最大のPA会社。

>

イベント映像オペレーター ヒビノメディアテクニカル株式会社(148066)

その後IT事業やポストプロダクション事業へ参入するが後に撤退。 東京ブランチ()• 子会社が運営するライブハウス:、REAL DIVA'S 組織 [ ]• Hibino Europe B. イベント本番では進行を確認しながらタイミングを見て機械を操作していきます。 ヒビノグループの一員として、当社がMICEビジネスを発展させ、新たなビジネスを創出するには、意欲ある人の新しい力が必要と考えています。 株 主• 技術系の業界は上下関係に厳しく大変そうなイメージを持っていたのですが、会社説明会で当社を訪問した際に対応してくれた社員達がとても優しく、 また社内の雰囲気もとても良いと感じました。 大阪ブランチ()• 複数施設を同時に使用するので全会場の下見をし、多数の講演会場の機器選定やシステムプランニングを行いました。

>

ヒビノメディアテクニカル株式会社の新卒採用・企業情報|リクナビ2021

移転に伴いまして、レンタル機材の受け渡しなどに関しては、 誠に勝手ながら、12月27日(水)までを現社屋(東陽町)にて、1月5日以降は新社屋(東雲)にて行います。 ヒビノスペーステック株式会社(旧:ヒビノアークス株式会社)• 株 主• 子会社の主な輸入代理店ブランド(照明):Avolites、Capture、LeaderLight、Minuit Une、TheatreLight• 新住所:〒135-0062 東京都江東区東雲二丁目9番23号 機材受け渡し窓口5F 事務所6F 新電話番号:03-6457-2070 新ファックス番号:03-6457-2075 今後ともよろしくお願い申し上げます。 最高のイベント・コンベンションを 創造しよう 私たちと一緒に、新時代を迎えようとしている <MICEビジネス>の未来を創造しませんか? ヒビノメディアテクニカル株式会社は『イベントとコンベンションを支えるトータルプランナー』として、映像・音響・IT機器をはじめとするプロフェッショナル機器のレンタル事業を中心に、高度な運営ノウハウをイベントやコンベンション分野に提供し、イベントを主催する数多くのクライアントのご要望を成功に導き、イベントに来場される人々に感動を提供してきました。 各セクションが良いチームワークで1つのイベントを成功させた時は嬉しいですね。 事業部長 堀田 久幸 執行役員 ヒビノGMC経営企画グループ グループ長 大関 靖 執行役員 ヒビノGMC総務グループ グループ長 田中 祐輔 執行役員 ヒビノクロマテック Div. 1987年に事業を本格始動し、同年、日本で初めてコンサートに映像演出としてのマルチビジョンを導入した。 ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き やりたい事にチャレンジさせてくれて、社内の雰囲気も良い会社。

>

ヒビノベスコ株式会社 会社案内

その後IT事業やポストプロダクション事業へ参入するが後に撤退。 会社案内• ヒビノメディアテクニカル株式会社(旧:株式会社メディア・テクニカル)• 主な技術協力音楽イベント:、、、、Augusta Camp、、、、JAPAN NIGHT -MOVE WITH THE MUSIC-、、、FREEDOM aozora、東京JAZZ• 映像部門は、コンサート、展示会、式典、スポーツイベント、企業イベント、テレビ番組などで使われる大型映像装置のレンタル及びオペレートを行う。 日本音響エンジニアリング株式会社(旧:日東紡音響エンジニアリング株式会社)• 東京都江東区東雲2-9-23• ご希望の方はお申し出ください。 1988年 9月 株式会社ベスコ設立(千代田区三番町) 1992年 5月 資本金を10,000,000円に増資 1994年 1月 本社を千代田区一番町に移転 1998年 7月 本社を中央区入船に移転 2001年11月 本社を中央区湊に移転 2013年 1月 ヒビノメディアテクニカル株式会社の全額出資子会社となる 2014年 4月 ヒビノベスコ株式会社へ社名変更 2017年12月 本社を江東区東雲に移転. Hibino Europe B. 【新社屋 業務開始日】 平成30年1月5日 金 9:30から新社屋にて業務を開始いたします。 展示会や企業イベントにおける映像需要の拡大を追い風に、映像事業は大きく成長する。

>

ヒビノメディアテクニカル株式会社『SUPPORT YOUR M.I.C.E BIZ』

。 30チーム体制でドーム5会場の同時開催に対応できる機材量とスタッフ数を持つ。 かつての子会社 [ ]• 日本製にこだわっておりLEDの球は製、製造組立は国内協力会社の工場で行う。 導入費が高額なことや操作に専門知識が必要なことからなかなか販売には結びつかなかったものの、使いたいとの要望は絶えなかった。 1 ;box-shadow:0 2px 8px rgba 0,0,0,. ヒビノインターサウンド株式会社(旧:株式会社ヘビームーン)• Hibino Asia Pacific Limited• 同年、業務用映像機器の開発・製造事業に参入。 超過分は別途お支払します。 アイテムプラス株式会社(元子会社/2009年に吸収合併)• 仙台プロモーションオフィス()• 概要 [ ] ヒビノの主な事業は、音響機器の輸入販売、映像機器の開発・製造・販売、PA(コンサート音響)及びコンサート・イベント映像の機材レンタルとオペレートサービスである。

>