創価 学会 教義。 創価学会「教義条項改正」について再考する。その8:御本尊の種類について。

「会則の教義条項改正に関する解説」(上)(下)創価学会教学部

今日は長々とありがとうございました。 池田大作監修 創価学会教学部編 「折伏教典」 P321 「俗にいう日蓮宗を代々やっていると家族に不具者ができたり、知能の足りない子供が生まれたり、はては発狂する者ができたりして~」 池田大作監修 創価学会教学部編 「折伏教典」 P323 「日蓮正宗(創価学会)以外の宗派はすべて人々を不幸に落とす力をもっている 」 池田大作監修 創価学会教学部編 「折伏教典」 P330 「仏教は勝負であるから正邪は生活に事実として正は勝、邪は負の現象が出るのである」 仏教は勝負ではありません。 それが本当なら絶対に関わりたくない、そもそも信仰の自由という概念に真っ向からケンカを売るというのは怖いもの知らずです。 数人〜数十人が集まり、1時間程度語り合う。 仏罰論は価値論を日蓮宗にスムーズに接続させる為のツールなんだと。 ただ正宗では個別的な本尊の総体(筆頭)が戒壇の大御本尊となることから、戒壇本尊に連携しない本尊は、すべて本門の本尊を否定した上に成り立つ本尊という奇妙なことになってしまうわけでしょう。

>

創価学会の教義改正に矛盾はないのか

それだって私が指令 > したのではなく信者が熱心の余りやっているのだ。 例えば本尊が仏像である場合、仏像そのものが有り難いのではなく、 仏像によって顕わされた仏様を想って拝んでいるのです。 」 池田大作監修 創価学会教学部編 「折伏教典」 P93 「釈尊出世の本懐である法華経でさえも 末法の今日には まったく力はない」 妙法蓮華経 薬草喩品/神力品/譬喩品 「この法を聞き己って、現世安穏にして後に善処に生じ」 「我が滅度の後に於いてこの経を受持すべし、この人仏道に於いて決定して疑いあることなけん」 「もし人信ぜずして此の経を毀謗せば、則ち一切世間の仏種を断ぜん」(仏種=成仏の可能性) 日蓮聖人御遺文(開目抄) 「善に付け悪に付け、法華経を捨つるは地獄の業なるべし」 池田大作監修 創価学会教学部編 「折伏教典」 P70 「(富士大石寺の)この大御本尊を拝む以外に末法の衆生は基本的に幸福になれないのである」 日蓮聖人御遺文(観心本尊抄、報恩抄、本尊問答抄) 「其の本尊の體たらく、本時の娑婆の上に宝塔空に居し、塔中の妙法蓮華経の左右に釈迦牟尼仏・多宝仏、釈尊の脇士上行等の四菩薩」 「本門の教主釈尊を本尊とすべし」 「法華経の題目を以て本尊とすべし」 お釈迦様を謗り、教えを信じない創価学会の本尊でなければ、幸せになれないとはどういうことでしょうか。 なるほど。 「釈迦も釈迦の教えも役には立たぬ」と主張する創価学会こそ、当に謗法の徒と言わざるを得ません。

>

日蓮正宗公式サイト|創価学会との関係について

icon 2019年• しかし諸宗の弟子達は「我が師は法華経の心を得給へり」と思い込んでいる。 池田大作のナポレオンやゲーテ好きなのは、この流れで考えると少し違和感がある。 創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。 だがある読み方をすれば猛烈に面白い。 日蓮聖人の描かれた曼陀羅本尊にも、帰命する 対象(仏・法・僧)と、信仰における仏の境界が顕わされています。

>

創価学会の教義変更で、本門の本尊の解釈変更について、教学部の説明があ...

注) 日蓮正宗(大石寺派)は、日蓮宗とは違います。 池田名誉会長は戸田第2代会長の不二の弟子として、あらゆる障魔を打ち破り、世界192カ国 ・地域に世界広布の道を開かれた。 ならば、創価で独自の本尊を用意したらどうだろうか。 熱心だし、不寛容だし、排他的。 また、同じ日蓮真筆御本尊でも、書きあらわした時期によっていくつかの特徴があり、「文永式」「弘安式」などと分類されています。

>

創価学会の教義の変遷|oka miguel|note

したがって法華経にも、また日蓮聖人の御遺文にも、これらの人々を天の神々が守護したまうこと疑いなしと書かれています。 あのも「正しい相貌があれば『本門の本尊』になる」と力説しているのだから。 現在の創価学会授与御本尊 日寛書写 はこれにあたります。 信心も大事ですが、まずはそうした人との関係が大事なんです」 同じような意見はほかでも複数耳にした。 「途中でこの信仰を捨てた人や、この信仰の邪魔者の不幸を祈らなければ 幸せになれない。 「だからこそ、地域のブロック組織の中で若い世代を育成する努力をしています」 例えば、小学生の少年少女部では合唱団が練習に励み、中高生の中等、高等部では年に数回、研修会が催されているという。

>

創価学会とは何か?【分かりやすく簡単に】

今月の目標が達成できなかった、どうしよう後一部足りない、あと一人とってくれれば達成できる、こういう時に例えば自分で一人二部を取る。 すると、草創期のような過激なことはできない。 受持の対象から外したのが『大謗法の地』にあるのが理由なら、何故に1991年から2014年まで『受持の対象』を維持し続けていたのか。 謗法払いは入会する会員自身が自から自分自身で行う。 まことに 浅識な論断である。 平和というものを掲げていた党が何故そのアメリカの侵略戦争に加担するんだろうか。

>