Jr 四国 社長。 誰も鉄道を求めてない。国土計画の失敗が招いたJR四国の経営危機

誰も鉄道を求めてない。国土計画の失敗が招いたJR四国の経営危機

企業に関する情報一覧• もちろんグループ全体で見ればバス事業も売上の1つとなっていますが、鉄道事業と競業になっているのは否めません。 牟岐線 牟岐~海部 262 予土線 北宇和島~若井 307 予讃線 向井原~伊予大洲 444 牟岐線 阿南~牟岐 741 土讃線 須崎~窪川 1162 鳴門線 池谷~鳴門 1944 輸送密度低下による鉄道廃止に明確な基準はありませんが、牟岐線の末端部や予土線は、いつ廃止協議が始まってもおかしくないくらいの水準です。 (平成9年):本社移転。 - 西日本旅客鉄道プレスリリース 2011年9月26日• :特急「いしづち」・「しおかぜ」で運転開始(当時の運転区間は高松駅・ - 新居浜駅間)。 また2009年3月から始まった高速道路料金の割引制度であるの上限1,000円による打撃を受けている。 快速「サンポート」は、高松駅 - 坂出駅間快速、坂出以西は一部を除いてで運転している。 相互直通運転を行う土佐くろしお鉄道、阿佐海岸鉄道と同時実施)。

>

JR北海道「2人の社長」が相次いで自殺した背景

(平成4年)• 本四塗装工業• [ ]『毎日新聞』2014年10月29日• 3月1日:制服を29年ぶりに全面変更。 (昭和53年) - 土木工学科を卒業。 四国旅客鉄道プレスリリース 2012年7月30日• また、乗車扉ではで人を感知すると「整理券をお取り下さい」とアナウンスを流す装置を設置し、取り忘れを防止している。 四国想いの「総合サービス企業」として。 - 四国旅客鉄道(2019年2月14日)• なお、これに先立って、2012年2月1日より四国エリアのグループ各店に、また2月7日より四国エリアの各店(約420店)に、それぞれが導入された。

>

JR四国 鉄道運輸収入再び半減|NHK 高知県のニュース

駅の式でもワンマン列車であることを明確にし、、駅放送でも整理券を取るようにPRしている。 発足当初の時点では、黒字路線は鉄道路線と自動車路線を全て含めても自動車路線のだけという状況であった。 10月29日:高松駅・など4駅構内の計7か所ので、検査が実施されていなかったことが、の指摘により判明。 (高松駅にて筆者撮影) バスとの競業 JR四国グループには、バス事業を展開するJR四国バスが存在します。 (元年)• :が開業し 、同線との相互直通運転を開始。 - 2600系気動車・8000系電車・8600系電車のを担当 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

>

経営危機を迎える中でのトップ交代 JR四国新社長に西牧専務就任【香川】

これは、前述の通りJR四国管内の路線の大部分がであるためである。 3月1日:予讃線 高松駅 - 多度津駅の各駅でICOCAのサービスを開始(高松駅・坂出駅は2012年に導入済み)。 2011年4月28日に発表された2010年度の決算では、連結経常損失は想定よりは減ったものの7億円(単体では14億円)を計上、旅客運輸収入はの影響で前年比0. 発表当初は有人駅51駅分のキャラクターが作成され 、その後は無人駅にも導入されている。 JR西日本から乗り入れる観光列車は電車()で運行される。 このJR四国ですが、状況の詳細はこの「有識者懇談会」と並行して数字等が出てくるのだと思いますが、JR 北海道とはまた別の次元の「厳しさ」があると言えます。

>

誰も鉄道を求めてない。国土計画の失敗が招いたJR四国の経営危機

「」『』、2002年2月26日。 駅ナンバリングは・と共通である。 新型コロナウイルスの影響が続くJR四国で、2020年10月の鉄道収入が前の年の約6割まで回復しました。 。 本州3社が本法の適用から除外されたものの、指針によりJR四国を含む三島会社とJR貨物との協力関係の維持を規定。

>

経営危機を迎える中でのトップ交代 JR四国新社長に西牧専務就任【香川】

「 瀬戸大橋線」は予讃線の高松駅 - 宇多津駅間、本四備讃線の全線、およびJR西日本の - 茶屋町駅間の愛称。 詳細は各列車の記事を参照。 昭和53年日本国有鉄道入社。 『朝日新聞』2010年1月26日。 2011年9月26日にJR四国とJR西日本の両社は、2012年春に・の両駅と、ICOCAの岡山・福山エリア間で、ICOCAが利用可能となる予定と発表した(専用の設置などの導入費用はJR西日本が負担)。 2017年には鉄道網の維持策を考える有識者懇談会を設置した。 『日本経済新聞』朝刊2017年9月12日(四国経済面)• 解決に向けて 3月31日に国土交通省から出された「JR四国の経営改善について」の中では、JR四国への取組例が次のように示されています。

>

JR四国の経営現状を考えるー12億円の赤字から脱却できるか

7 km 1988年6月1日に「土讃本線」から改称 - 18. 種別が変更された列車は変更後のもので記載し、他社の車両による運行のものはその会社名も記載する(廃止列車は廃止時点)。 2017年05月29日 企業情報• 2014年4月18日閲覧。 また、・・・を除いて、「四カマ」などの国鉄式のの所属表記がない。 運輸関連• 2010年6月22日閲覧。 (62年)• 2011年10月18日時点のよりアーカイブ。 JR西日本と同様、装備車の導入実績が無く、JR6社で唯一、会社発足以来ワンドルマスコン車の乗り入れ実績が無い。

>