フォー ライフ レコード。 このレーベルについて / フォーライフレコード SINCE1975

フォーライフ・レコードとは

また、この頃から大手プロダクションから独立するタレント、マネージャー、社員が相次ぎ、個人事務所や新しいが設立された。 com• 『analog』vol. 渡辺芸能ビジネスを創った男、新潮社、179-186• タレントにとっては大手芸能プロダクションに所属している方が有利だが、人気と仕事さえあれば個人事務所を設立した方が利益になる。 Z-BACK• 吉田拓郎が駆け抜けた節操なき10年」『臨時増刊 Extime(エクスタイム)』、、2007年10月10日、 28-34頁。 1984年には井上陽水のシングル「悲しき恋人」を パインジュースの缶名義で楽曲提供している。 フォーライフの設立は革命であり、からに躍り出た"70年代フォーク"の一つの到達点だった。 、発売• 本社屋は2003年にが買収し、校舎として使用されている。 同じ歌手出身のレコード会社社長経験者という共通点もあって、以前から気になっていた。

>

井上陽水27歳〜日本の音楽史上かつてなかった“画期的”なレコード会社、フォーライフの誕生経緯〜|TAP the STORY|TAP the POP

(旧ユイ音楽工房) 販売委託先 [ ]• GRAND MASTER FRESH Pt. そんな中、フォークブームの熱が徐々に高まってゆく。 吉田の友人の中には、プロダクションからつるし上げにあう者も出た。 だがこれも恥ずかしながら、シオンさんが泉谷さんの『春夏秋冬』をカバーしたことが呼び水だ。 1974年に吉田が楽曲提供したの「」が大ヒットして以降、ニューミュージック系アーティストが歌謡曲歌手に楽曲提供する事例が増えたが、ソングライターであることが、場合によってはシンガーである以上の利益をもたらす。 クラシカルからジャズ・ロックまで、様々なLIVEを行っています。

>

フォーライフ・レコード

吉田ファンのは、自身を「フォーライフ世代」と述べている。 小室は吉田と二人でやるつもりでお酒を飲みながら話を進めていたが、吉田が「俺と小室さんの二人でやるんじゃ分かりやすくて面白くない。 吉田がエレック時代は社員扱いのため給料制で、CBSソニーに移籍した際、莫大な印税が振り込まれ驚き、アーティストの権利について初めて考えたといわれる。 業界全体売上が184億円だった初年度の売上高は31億円に達した。 な行 [ ]• BEATS• 翌の売上高は公称41億4千万円、実質20億7千万円といわれた。

>

フォーライフミュージックエンタテイメント

音響・照明は、別途費用がかかります。 1999年に発売した井上の「」がダブルミリオンを記録するなど、売上は井上に大きく依存する状況となった。 他に日本のコンサートイベンター、がと提携してを設立するなどレコード会社の設立ラッシュとなった。 1』音楽出版社、1999年、p177-179• a Street Joker• 現在は、1度の活動休止を経て活動を再開している。 小室はその話を拓郎に持ちかけることで計画は具体化していった。 そうした権利に目覚めたアーティストたちの帰結として生まれたのが、アーティスト主導のレコード会社・フォーライフ・レコードだったのである。

>

元フォーライフレコード社パラダイスホールのレンタル

実質のデビューシングルは1993年にBMGルームスから発売した「あなたがわからない」。 拓郎は当時を振り返りながらこう語る。 」 <1975年6月12日号『GORO』インタビュー記事より> 1975年6月1日、井上陽水は吉田拓郎・小室等・泉谷しげると共にフォーライフレコードを設立する。 プロデューサーという価値観が会社の方でも解ってない。 そして翌年に名曲「春夏秋冬」をリリースし、一気にその名を全国に広めていった。

>

フォーライフミュージックエンタテイメント

「ロングインタビュー 吉田拓郎 家族・時代・仕事をめぐる対話 〈聞き手・〉」『』、2010年3月号、122-150頁。 「小室さんと僕とがともかく最初二人で色んなことを練ってたんですよ。 吉田・井上とも所属のレコード会社とちょうど契約の切れるいいタイミングだった。 2014年4月1日〜2019年3月31日 (ソニー・ミュージックディストリビューションとソニー・ミュージックネットワークの吸収合併・社名変更に伴う)• 2001年にはフォーライフミュージックエンタテイメントが全てを承継し、現在に至っています。 1978年に音楽制作プロダクションを設立し、音楽プロデューサーとして活躍。 は行 [ ]• この3人で話し合いをしてみたが、何か足りない、もう一人毒のあるのが欲しいとなって吉田が泉谷に声をかけ4人になった。

>