しゅん どく トレーニング。 瞬読体験会開催中!1回のレッスンで読書スピードが2倍以上に!

速読術とは?速読トレーニングのやり方

しかも、単調な眼球トレーニングではなく、読みたい本を読むことで読書スピードが上がっていくので、挫折することもありません。 今までさまざまな速読法を試したけれど挫折したという方も効果が出やすくなります• 本はやみくもにたくさん読んでも意味がありません。 理解度は、アウトプットによって測定 ブラウザのトレーニングプログラムで練習 これは体験会でも触らせてもらえるのですが、Webブラウザで操作できるトレーニングプログラムを使って瞬読の能力を上げていきます。 瞬読を通じて、皆さまの人生が豊かになるサービスを提供してまいります。 なんと77歳の方もトレーニングに励んでおられます。

>

一般社団法人 瞬読協会

ここまで効果が出たのは、以下の4つの理由によるものです。 脳内でイメージできなくても、先へどんどん進んでかまわない。 本を使います、 漢字のみ心の中で音読せずに次々に追っていきます。 2018年に刊行された前著の『瞬読』も、後半の章は瞬読のトレーニングに充てられているが、『瞬読ドリル』では、動画を使うことでより効果的な訓練が可能となっている。 瞬読のプログラムが魅力的だと感じたのは、 「人によって合う合わないがあるので、正式受講する人にはカスタマイズしてプログラムを提供する」というところです。 速く読めるだけでなく短時間で本の内容を吸収できるようになります• つまり、 3~5倍くらいが普通の速読の上限値と言われています。 右脳を鍛える新たなアプローチの速読術 そんななか、今回紹介するのは、これまでの速読術の問題点をクリアしたという「瞬読(しゅんどく)」だ。

>

瞬読体験会開催中!1回のレッスンで読書スピードが2倍以上に!

効果が出なかったら全額返金の保証もありますので、リスクは少ないと思います。 速読は特殊な能力ではなく、少しトレーニングすることで誰でも身に付けることができる、単純な「スキル」です。 例えば「うんてしとむ」を「てんとうむし」へと頭の中で並べ替えるのに、変換力が用いられる。 瞬読実践のまとめ 今回は、速読や能力開発に役立つ「瞬読」を実践してみたという話でした。 一般の速読塾などもこの価格帯がゴロゴロ存在するので、僕としては高すぎるとは思いませんでした。

>

瞬読体験会開催中!1回のレッスンで読書スピードが2倍以上に!

隣に座っていたお兄さんは、なんと3倍速になっていてちょっと凹みましたが、トレーニング自体は楽しいものでした。 3、仕上げ読み もう一度第1章の最初に戻り、下読みと同じぐらいか、それ以上のスピードで読みます。 29万8000円に含まれるのは、上の「瞬読実践講座」で使うオンラインのトレーニングソフトや、瞬読専属トレーナーからの細やかなアドバイスです。 と言っても、やり方は「文字をかたまりでとらえる」トレーニングと同じです。 これをWebアプリのソフトを使って、徹底的に訓練する方法でしたが、これができるには「ストック(記憶)」が重要になります。 「本を読んでも内容を忘れてしまう・・・」 これは、実に多くの人が抱えている悩みです。

>

速読トレーニングの仕方

ちなみに速読力を測る速解力検定の最上位である5段は、分速2,100字です。 オススメしない人 瞬読をオススメしない人は、後述しますが単純に「受講費を払えない人」だと思います。 そのためのセルフトレーニング法が、付録のDVDに収録されている。 DVDの「本読みトレーニング」のひとコマ 仕上げは本の内容をアウトプット 最後のステップ4のトレーニングでは、DVDは使わない。 1~3のトレーニングを1日1章やってみてください。 この時 文章の内容は頭に入れずにひたすら速いスピードを意識して上下追って見ます。

>

右脳を鍛えて読書のスピードを劇的にアップさせる速読術「瞬読」|@DIME アットダイム

瞬読の圧倒的な読書スピード こんにちは、瞬読協会の山中です。 しかし、いくら本を読んでもその内容が自分のものにならなければ、仕事や生活の質を上げていくことはできません。 読書が好きでつい気になる本を買ってきてしまうのですが、時間が無く積読に。 私が受けた体験会では、まずバラバラの文字を画面で一瞬表示してそれを読み解く練習をしました。 山中さんの初の著書『瞬読』と第二弾となるDVD付きの『瞬読ドリル』 本書の肝となるのが、このセルフトレーニング用のDVDだ(本書内のQRコードからスマホで同じ内容を取得可能)。

>

速読トレーニングの仕方

さて、その他にも縦書きで本を読み進めるのと同じ要領で1行目の上半分、下半分、2行目の上半分、下半分とフラッシュ暗算のようにぱっぱと順番にフラッシュ表示されていくトレーニングがありました。 コツはフォトリーディングのようになるべく画像のように「見て」読むことかな。 瞬読の特徴の1つに、従来の速読術の主流テクニックであった「眼筋を鍛えて眼球を速く動かす」必要がないことが挙げられる。 焦点のあってない周辺視野でも情報処理ができるよう眼筋と脳をトレーニングしますが、使用されているのは左脳です。 瞬読トレーニングの内容と効果 トレーニングはモニター画像を見ながら トレーニングは、ひとり1台ずつ用意されたモニター画面を見ながら進られました。 さいごに 私は昔から本をたくさん読む人間ではなかったので正直本を読むスピードは遅いと思っています。 網膜に文字が映るまでの速度はほぼ光速ですが、その先の認知力がおぼつかない…。

>