オスマン 帝国 外伝 3 あらすじ。 オスマン帝国外伝シーズン3がわかる人物事典 ネタバレあり

オスマン帝国外伝シーズン4あらすじ・ファイナル エピソード139の5 スレイマンの死・最後の言葉は?

・ バヤジト皇子 スレイマンとヒュレムの間に産まれた3番目の皇子。 バヤジトを殺す話など聞いていないと激しく抵抗するデフネだったが…。 スンビュルはヒュッレムに自分が見た不吉な夢の話をする。 シーズン4では息子ムスタファが処刑され、マヒデブランも宮殿を追い出されます。 後宮ではムスタファとアイビゲの婚約式の準備が始まる。

>

オスマン帝国外伝 シーズン4 がわかる人物事典(ネタバレあり)

酒場に行った宦官ギュルはひょんなことから重大な秘密を知ってしまう。 犯人が名前を出したことから、スレイマン皇帝はマヒデブランの命令と判断。 行方不明となった彼女の無事を祈り続けるのだった。 そんな中、遠征に出たリュステムの野営地で兵士が死体で発見される。 ヒュッレム登場後の側女にしては珍しく子供を出産します。 そんな中、皇女ファトマのもとへヒュッレムに関する耳寄りな情報が入る。 そんな中、スレイマンの体に異変が現れる。

>

「オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~」シーズン4

そう、ギュルフェムの本当の苦しみの原因はスだったのです。 そんな中、さらなる野望を抱くヒュッレムが皇帝に対して大胆な行動に出る。 その答えはスレイマンの考えと一致していた。 謝罪の一件でムスタファの脅威を味わったヒュッレムは、恐ろしい計画の実行を告げる。 実はサファビー朝の王女。

>

あらすじ

第56話:皇帝の天秤 皇子ムスタファとクリミアの王女アイビゲの婚約式を終え、クリミア・ハン国の君主サーヒブ・ギレイが帰路に就く。 ドラマでは皇女ハティジェと結婚しましたが女官のニギャールと不倫関係に。 市場でコーヒー店を営む元後宮宦官長スンビュルもじっとしていられず宮殿のヒュッレム妃のもとを訪れる。 イスラム教に改宗してヒュッレムと呼ばれました。 さらにヒュッレムは傷心のバヤジトに立ち直ってもらおうと自ら選んだ数人の側女もキュタフヤに送る。

>

海外ドラマ【オスマン帝国外伝シーズン4】 あらすじ全話一覧

ミフリマーフはバヤジトの勝利を信じ支援するがリュステムはバヤジトの状況に危うさを感じていた。 まあ、確かにそうかもしれませんが、マヒデブランですからね…嫌な予感しかしません。 スレイマンは棒術の試合中にカッとなり、ムスタファを殴打。 遠征を直前に控え、スレイマンの体調不良は相変わらず続いていたがスレイマンはかたくなに周囲に知られることを拒んでいた。 母后の後継として後宮の運営を任された皇帝妃マヒデブランは母后の部屋に移るため、改装に着手。 大宰相イブラヒムは母后とヒュッレムのために食事会を開くが…。

>

オスマン帝国外伝〜愛と欲望のハレム〜シーズン4全話ネタバレ感想まとめ

一方、弟バヤジトの存在を恐れる皇子セリムは、バヤジトに最後のとどめを刺すべくある行動に出る。 セリムとバヤジトの争いではバヤジトに味方します。 そんな中、グリッティから王女の窮状を聞いた大宰相イブラヒムは後宮宦官長スンビュルを呼び出し、ある極秘の指令を出す。 ヒュッレムもバヤジットの方が優秀なのはわかっていましたが、二人がけんかばかりしていることを心配していたようです。 そしてアリ長官、あの発言はダメだわ。

>