初恋 の 先生 が だ ち 共に。 第2回「14歳のあたいと、初恋の先生の話」

初恋の先生がダチ共に寝取られるまで 2巻

その中学校に通う14歳のゲイの男の子は、 「たぶんオトコが好きなオトコなんて、この町には自分しかいない」と確信していた。 680 views• 小さい団地(玄関から見渡せばキッチンと寝室とリビング全てが繋がっている古い集合住宅)に住んでて自分の部屋も無く、恥ずかしい話、自慰すらできなかったくらいにプライバシーが無かった。 そんで生活保護を受けたりもしながら慎ましく生活することを余儀なくされた母は、姉に「給与明細が出ない自営業の店で働け」と押し付けた。 JavaScriptが無効です。 不定期に刊行される特別号等も自動購入の対象に含まれる場合がありますのでご了承ください。

>

『初恋の先生がダチ共に寝取られるまで』止めたいのに止められない。初恋の先生が目の前で…

不良達のリーダーである久保将也は学校の女教師・西野由莉佳に淡い恋心を抱いていました。 でも、ふと目を凝らして周りを観察し、耳をすませてみんなの話を聞いてみれば、 「うちは母さんと父さんがよくケンカをする」 「お兄ちゃんに暴力を振るわれる」 「父親にカラダのことをからかわれるから、女を辞めたい」 「俺の本当の母親はもうこの世にいなくて、今の母親は再婚相手だって最近知った」 だとか、各々がつらい環境や生まれにあって、なにか抱えながらそれでも小さい体で必死に生きているんだって知る事ができたわ。 「このまま最後までさせちまおうぜ」不良達は由莉佳と青田にセックスをさせようとしました。 将也率いる不良グループは授業中にもかかわらず騒いでいました。 590 views• 590 views• 9k views• 現在発売中の最新号を含め、既刊の号は含まれません。

>

第2回「14歳のあたいと、初恋の先生の話」

紹介作品 愛液溢れる秘所にぬるぬると吸い付く唇…乳首をこねられて漏れる喘ぎ…俺の目の前で…惚れたセンコーが堕とされていく… 初恋の相手は学校の女教師 主人公の久保将也はケンカが強く、不良達のリーダー的存在です。 由莉佳は戸惑いますが、「だ、だからって暴力はダメよ」と将也をたしなめます。 860 views• 「このまま最後までさせちまおうぜ」不良達は由莉佳と青田にセックスをさせようとしました。 ご契約中は自動的に販売を継続します。 あたいはまだ働けない年齢だったから何も知らずにいたけど、その時の姉ちゃんはしんどそうにしてて、子どもながらにいたたまれない気持ちになったのを覚えてる。

>

第2回「14歳のあたいと、初恋の先生の話」

由莉佳は生徒にこんなことをしてしまって良いのかと思いますが、生徒を守る為、青田の大事な部分を手で触り始めます。 550 views• 不良達から「やりすぎ…とか言わないッスよね…?」と聞かれ、将也はここで止めたら不良達は納得しないと思います。 母ちゃんもあたいには話したがらなかったから、あたいも姉ちゃんから軽く聞いた程度だ。 将也は青田が由莉佳のパンツを盗撮していたから、注意していると話します。 K先生、53歳、国語の先生で、あたいの人生の先生となる人だった。

>

第2回「14歳のあたいと、初恋の先生の話」

同棲して家を出るまで、高校卒業後も8年近く、ずっとバイトやら派遣の事務やらで働きまくって家計を支えてくれてたわ。 ・買い逃すことがありません!• 560 views• 570 views• 借金ができて、偽装離婚した後の話だったらしいわ。 その姿を将也は見ていることしかできないのでした…。 なんでそうなったかはキチンとは分からない、でも母ちゃんが嫌だと思うなら仕方ない。 そして、由莉佳は「私が青田くんの性欲解消…手伝うから…、彼には何もしないって約束して」と受け入れるのでした。

>

『初恋の先生がダチ共に寝取られるまで』止めたいのに止められない。初恋の先生が目の前で…

今回ご紹介するのはここまでです。 それに対して由莉佳は「そ、そうよ悪い!?」と答え、処女であることを認めるのでした。 由莉佳は戸惑いますが、「だ、だからって暴力はダメよ」と将也をたしなめます。 しかしある出来事をきっかけに、由莉佳が他の生徒達にエッチな目にあわされるのを、将也は見せられてしまうのでした…。 750 views• 590 views• 止めたいのに止められない、もどかしい気持ちで一杯になる、とってもエッチな寝取られ作品です。 別にあたいは自分の性自認(自分の性別の認識)が男だから、カラダが男性らしくなってもいいけど、母ちゃんはあたいが父ちゃんに似た青年に成長していくのを見て、思い出がフラッシュバックするのが耐えられないのか、男性らしさが自分のテリトリーにあるのが許せないような素振りを見せるようになったわ。

>