浜田 泰介。 浜田 泰介 個展 | 京都コンテンポラリーアートギャラリー GALLERY TOMO

浜田泰介|ARTVIVANT:アールビバン

絵の代金を渡航費としてアメリカに渡りました。 2月21日 神戸新聞 15面• その中の一人が、チェースマンハッタン銀行の頭取でした。 6月12日~18日【個展】銀座松屋• 1955年に京都市立芸術大学を卒業し、京都市立美術大学院へ進み修了する。 絵の買い付けに行く時に叔父に同行することもあり、子ども時代から物の良し悪しを見る目は養われていったと自負しています。 半世紀前の作品群を人前に披露することに抵抗がないといえば嘘になるのですが、若い画廊主の熱意に負けて、新たに描きました。

>

浜田泰介|ARTVIVANT:アールビバン

第38回()• 11月12日~11月17日【個展】松山三越 画業40周年記念展• 銅板の表面を松脂と蠟の混合物で作った耐酸性の防触剤で覆い、その上に彫刻針で絵を描き、銅板の裏側と、へりに耐酸性の蠟を塗って硝酸に浸して版を作る。 におけるジャパンフェスティバルに出品• 5月31日 産経新聞 16面 1994年• 愛媛新聞賞受賞• ネット K's PLAZAで紹介される• 8月22日 愛媛新聞掲載• 東寺(世界遺産・東寺真言宗総本山)• 12月7日~19日 【個展】神戸ポートピアギャラリー 2011年(平成23年)• 10月9日~14日 【個展】新潟三越6階美術ギャラリー・工芸サロン(50作品以上)• 【個展】新宿伊勢丹美術館• 浜田さんは来年早々に東寺(同)のふすま絵に取りかかる予定で「歴史に残る作品を描きたい」と抱負を語った。 3月20日 東寺観智院 春の一般公開• 1990年代、醍醐寺(京都)のふすま絵に取り組む浜田さんの新聞記事をみて、小渕氏からの突然の電話「ブッチホン」がかかってきたこともあったという。 現在は、富士や桜などに代表される日本の美を描いていますが、同じ作家がこんな作品を生み出していた時代もありますという、少々ノスタルジックな展覧会ではありますが、会場には現在書いている作品の図録類もあります。 10月5日~14日 第10回生涯学習うわじまフェスティバル• 高さ 額. 浜田 泰介 はまだ たいすけ(1932 - ) 愛媛県 出身 1955年京都市立美術大学(現京都市立芸術大学)卒業。

>

「浜田泰介の世界 - 道」「秋の万葉日本画展」

1月20日 西日本新聞に紹介記事が掲載される• 大津市文化特別賞受賞• 50年前のアクションペインティングを、「うちの画廊でやってみたい」と言ったのが30代の若い画廊主でした。 4月 【個展】新潟三越• 12月6日~【展覧会】大宰府天満宮• 市の美術館で絵が売れるなんて珍しいことだったと思います。 「アクションペインティング」という言葉を最初に使ったのはニューヨークの美術評論家、ハロルド・ローゼンバーグです。 今回は、近年の代表作である大覚寺・醍醐寺・東寺の障壁画を中心に、学生時代、ごく初期の作品から初公開の新作まで38点を展示します。 詳しいことはここでは省きますが、私は、すっかり夢中で、このアクションペインティングに取り組みました。 10月7日~12日 【個展】広島三越】• 8月4日~9月17日 畦地梅太郎記念美術館• 6月 倉敷三越 (倉敷百景展)• 販売状況 [販売中] [売約済] [取り寄せ] [制作依頼] で 検索できます。 神奈川県鎌倉近代美術館• 4月20日 月刊美術2002年5月号広告掲載• 『紅梅白梅』(2001年)• ポールギャラリーにて個展にて個展 1974年• 平成が終わることに感慨があったそうで、浜田さんは「画家は時代の節目に絵を描かねばならない」と強調。

>

浜田泰介さん(愛媛・宇和島出身)、松山三越で個展 |愛媛新聞ONLINE

カリフォルニア州立大学およびサンディエゴ州立大学の現代日本美術展に出品 渡米 1966年• 7月23日~28日 【個展】東武百貨店宇都宮5階イベントプラザ(国宝東寺十二天屏風模写完成記念)• 一番のコレクターは、ダリのコレクターとしても有名な帽子のデザイナーでしたが(ダリとはその家で会いました)、彼女も亡くなってしまいました。 京都市立美術館にて13人の仲間と【個展】• 12月2日 神戸新聞 12面掲載• 1999年 世界文化遺産である醍醐寺の障壁画も完成 2000年 第38回密教学芸賞受賞。 種類 [本画] [版画] [複製画] の分類で検索できます。 6月 【個展】宮崎長崎屋• 4月23日 北国新聞 26面 石川総合1北国新聞 16面• 3月24日 防衛大学新本部庁舎に「旭日」(縦2m、横4m)を寄贈• 1961年~ ニューヨークなど海外や国内各地で個展を開催。 1月19日愛媛新聞 10面 地域• 17歳でした。

>

「浜田泰介の世界 - 道」「秋の万葉日本画展」

日本画出身のため油絵にも共シールがあります。 これは生家がバカでかい料亭で、その各部屋に、著名な画家の日本画がかかっていたことと、叔父が京都で福田平八郎たちと一緒に絵を志したが、病気になり夢破れ宇和島に戻り、画商(その頃は骨董屋と言われた)をしていた関係で、絵をやるなら日本画と自然に思っていたからです。 4月25日~8月24日 ドイツ連邦共和国美術展示館にて醍醐寺展• 太宰府「紅梅白梅」(六曲一双)。 4月15日~30日 【個展】京都東急ホテルギャラリーKazahana• 11月22日~12月11日 【個展】神戸ポートピアホテ 2006年(平成18年)• ビンセントプライス氏による今日の日本現代展に選抜される(シカゴ)• 価格帯 ご希望の予算に応じてお買い求めいただける作品を検索できます。 1月9日~15日 【個展】徳島そごう(徳島百景)• 11月19日 【個展】松山三越• 【個展】池袋東武 1999年(平成11年)• 日本橋三越にて個展にて個展• 2月12日 河北新報 6面掲載• 細密性、保存性に優れている。 【個展】広島生田画廊にて 1985年(昭和60年)• イメージタイプ [風景] [人物] [鳥] [花・植物]などのモチーフやテーマで検索できます。 関西総合展賞。

>

四国八十八ヶ所霊場を水彩で描く 浜田泰介水彩画展

3月10日 白川郷障壁画完成 搬入 公開開始• 横浜市民ギャラリに2点寄贈 1980年• 八十八ヶ所水彩画集出版記念展宇和島伊達美術館、• 10月12日~12月25日 奈良県立万葉文化館にて「浜田泰介の世界」開催終了• 11月6日~11月12日【個展】 松山三越• 10月8日~14日 【個展】東武百貨店池袋本店6階1番地美術画廊(東武百貨店50周年記念)• 岡山天満屋にて個展• リトグラフ(平版) 石版画。 9月22日~10月4日 【個展】新潟三越6階美術ギャラリー・工芸サロン• 地元愛媛の松山三越でこの「SAMURAI」シリーズの個展を開いた時、愛媛新聞は両面見開きで、地元出身の新進気鋭の画家を取り上げてくれましたが、作品は1点も売れませんでした。 大津市より感謝状()• 仙台三越にて個展 1977年• 浜田泰介さんの風景画が並ぶ個展 愛媛県宇和島市出身の日本画家で、有名寺社のふすま絵や障壁画を手掛けてきた浜田泰介さん(86)=大津市=の個展「浜田泰介の世界」が20日、松山市一番町3丁目の松山三越で始まった。 【個展】天満屋岡山店5階美術画廊 1972年• 6月27日~7月2日【個展】横浜馬車道・ユーリンファボリ7階ギャラリー(さよなら横浜屋)• 解散後は無所属となり、既存の日本画の枠組みにとらわれない富士や桜などに代表される日本の美を展開している。 1932年 愛媛県に生まれる 1958年 朝日新人展 毎日ベストスリー展に連続4回選抜される 1966年 ニューヨークのギャラリーダッシュにて5人の日本画展に出展 渡米 1991年 NHK主催 浜田泰介と川端龍子による「四国八十八ヵ所花遍路」全国巡回 1992年 大覚寺障壁画制作 1993年 四国八十八ヵ所第85番八栗寺襖絵完成 1994年 四国八十八ヵ所第84番屋島寺壁画完成 1997年 大津市制百年記念「大津百景」完成 大津市文化特別賞授賞 1999年 醍醐寺障壁画完成 2001年 大宰府天満宮「紅白飛梅図」 六曲一双 2003年 京都東寺観智院書院襖絵完成 2004年 広島正伝寺襖絵完成 東寺大日堂障壁画完成. 本展示においては、戦前戦後はもちろん、平成も終わろうとしている今、益々エネルギッシュに制作する生ける巨匠の、日本であまり表に出ていない仕事に焦点を当てたいと考えた。 観智院書院襖絵()• エスタンプ 原画を刻り師が模刻した「複製版画」で、版画独自の価値を表現するために作家自らが製版したオリジナル版画とは区別される。 11月26日 中日新聞 21面 滋賀第二総合・読売新聞 34面 地域ニュース 1999年• サンフランシスコ市長より市の<キー>を与えられる。

>