ルカ による 福音書。 ルカによる福音書:第2章

ルカによる福音書説教

10:12 [ ] われ汝らに告ぐ、かの日にはソドムの方その町よりも耐へ易からん。 17:10 [ ] かくのごとく汝らも命ぜられし事をことごとく爲したる時「われらは無益なる僕なり、爲すべき事を爲したるのみ」と言へ』 17:11 [ ] イエス、エルサレムに往かんとて、サマリヤとガリラヤとの間をとほり、 17:12 [ ] 或村に入り給ふとき、十人の癩病人これに遇ひて、遙に立ち止り、 17:13 [ ] 聲を揚げて言ふ『君イエスよ、我らを憫みたまへ』 17:14 [ ] イエス之を見て言ひたまふ『なんぢら往きて身を祭司らに見せよ』彼ら往く間に潔められたり。 我らを嘗試にあはせ給ふな」』 11:5 [ ] また言ひ給ふ『なんぢらの中たれか友あらんに、夜半にその許に往きて「友よ、我に三つのパンを貸せ。 何を食べようかと、命のことで思いわずらい、何を着ようかとからだのことで思いわずらうな。 14:11 [ ] おおよそ、自分を高くする者は低くされ、自分を低くする者は高くされるであろう」。 小事に不忠なる者は大事にも不忠なり。

>

ルカによる福音書

知識のかぎを取りあげて、自分がはいらないばかりか、はいろうとする人たちを妨げてきた」。 13:9 [ ] そののち果を結ばば善し、もし結ばずば伐り倒したまへ」』 13:10 [ ] イエス安息日に或會堂にて教えたまふ時、 13:11 [ ] 視よ、十八年のあひだ病の靈に憑かれたる女あり、屈まりて少しも伸ぶること能はず。 ケンブリッジの大学図書館にある ()はからごろのものとみなされているが、完全な『ルカ福音書』の写本であり、ギリシア語・対訳になっている。 10:20 [ ] されど靈の汝らに服するを喜ぶな、汝らの名の天に録されたるを喜べ』 10:21 [ ] その時イエス聖靈により喜びて言ひたまふ『天地の主なる父よ、われ感謝す、此等のことを智きもの慧き者に隱して、嬰兒に顯したまへり。 11:52 [ ] あなたがた律法学者は、わざわいである。

>

イザヤ書11章1

そしてそこから出かけることにしなさい。 現在でも、批判的な聖書学者の一部を含め、この伝承を認める研究者は少なくない。 このことはあくまでも自分のための修練 鍛錬 として自分に課しているのですが、他の方々にも、必ず役立つものと信じます。 8:32 [ ] ところが、そこの山べにおびただしい豚の群れが飼ってあったので、その豚の中へはいることを許していただきたいと、悪霊どもが願い出た。 16:4 [ ] 我なすべき事こそ知りたれ、斯く爲ば職を罷めらるるとき、人々その家に我を迎ふるならん」とて、 16:5 [ ] 主人の負債者を一人一人呼びよせて、初の者に言ふ「なんぢ我が主人より負ふところ何程あるか」 16:6 [ ] 答へて言ふ「油、百樽」支配人いふ「なんぢの證書をとり、早く坐して五十と書け」 16:7 [ ] 又ほかの者に言ふ「負ふところ何程あるか」答へて言ふ「麥、百石」支配人いふ「なんぢの證書をとりて八十と書け」 16:8 [ ] ここに主人、不義なる支配人の爲しし事の巧なるによりて、彼を譽めたり。 8:36 [ ] かの惡鬼に憑かれたる人の救はれし事柄を見し者ども、之を彼らに告げたれば、 8:37 [ ] ゲラセネ地方の民衆、みなイエスに出で去り給はんことを請ふ。

>

イザヤ書11章1

8:20 [ ] 或人イエスに『なんぢの母と兄弟と、汝に逢はんとて外に立つ』と告げたれば、 8:21 [ ] 答へて言ひたまふ『わが母わが兄弟は、神の言を聽き、かつ行ふ此らの者なり』 8:22 [ ] 或日イエス弟子たちと共に舟に乘りて『みづうみの彼方にゆかん』と言ひ給へば、乃ち船出す。 マリヤは神さまから特別な祝福を受け、目をかけられているのです。 6 彼は、父の心を子に向けさせ、子の心をその父に向けさせる。 1:36 あなたの親族エリサベツも老年ながら子を宿しています。 6:45 [ ] 善人は良い心の倉から良い物を取り出し、悪人は悪い倉から悪い物を取り出す。

>

英語で聖書を読もう!:ルカの福音書

7:2 [ ] 時に或百卒長、その重んずる僕やみて死ぬばかりなりしかば、 7:3 [ ] イエスの事を聽きて、ユダヤ人の長老たちを遣し、來りて僕を救ひ給はんことを願ふ。 17:7 [ ] 汝等のうち誰か或は耕し、或は牧する僕を有たんに、その僕畑より歸りたる時、これに對ひて「直ちに來り食に就け」と言ふ者あらんや。 12:6 [ ] 五羽の雀は二錢にて賣るにあらずや、然るに其の一羽だに神の前に忘れらるる事なし。 あなたのあいさつの声がわたしの耳にはいったとき、子供が胎内で喜びおどりました。 彼は、ダビデの家系であり血筋でもあったので、身重になっているいいなずけの妻マリヤもいっしょに登録するためであった。 9:56 [ ] そして一同はほかの村へ行った。 彼は聖靈と火とにて汝らにバプテスマを施さん。

>

横浜指路教会 bul.co.ug

6:33 [ ] 自分によくしてくれる者によくしたとて、どれほどの手柄になろうか。 よく建ててあるからである。 10:14 [ ] されば審判には、ツロとシドンとのかた汝等よりも耐へ易からん。 7:40 [ ] そこでイエスは彼にむかって言われた、「シモン、あなたに言うことがある」。 なんぢの上衣を取る者には下衣をも拒むな。 43 ところが、祭が終って帰るとき、少年イエスはエルサレムに居残っておられたが、両親はそれに気づかなかった。 7:16 [ ] 人々みな懼をいだき、神を崇めて言ふ『大なる預言者われらの中に興れり』また言ふ『神その民を顧み給へり』 7:17 [ ] この事ユダヤ全國および最寄の地に徧くひろまりぬ。

>