Iphone 検索 候補 削除。 iPhone「Siriの検索候補が消えない」を解決

iPhoneの予測変換がおかしい・覚えないのはなぜ?削除・リセットする方法

普通の予測変換はiPhoneのキーボードが自動的に学習して行うものですが、ユーザー辞書はユーザー自身が手動で設定できる変換機能というわけです。 「すべてのキーボード」の欄に「ユーザー辞書」の項目があるので、そのボタンをタップして、ボタンが白く変わればユーザー辞書がオフになります。 こうした事態を避けるために、ここでは予測変換を削除したり、予測変換を非表示にしたりする方法をご紹介します。 Googleやyahooで検索すると各サイトの検索窓をタップした途端、窓が下に拡がって検索履歴が表示されてしまいます。 次に、下にスクロールすると、「キーボード」が表示されるのでタップします。

>

【iPhone】SIRIからの提案を非表示、消す方法を徹底解説

「直近1時間」「今日」「今日と昨日」「すべて」と削除したい閲覧履歴期間を選択できますので、希望の期間をタップすれば該当期間の閲覧履歴が削除できます。 下記の画面が現れたら、単語とよみの入力をします。 どうすれば、iPhoneの予測変換を使いこなせるのでしょうか? ここでは、iPhoneの予測変換がうまく使えない原因と対処法をご紹介します。 検索画面のSIRIからの提案(検索の候補)を非表示にする ホーム画面で画面を下にスワイプするとデバイス内を検索できる画面が表示され、アプリの使用状況に応じてSIRIが提案するアプリ「SIRIからの提案(検索の候補)」もあわせて表示されます。 ここでは、英語の予測変換機能をオフにする手順を紹介します。 そして、入力画面からも設定できます。

>

iPhoneの履歴の消し方

また、予測変換は何回入力したから覚えてくれるというものではありません。 予測変換を利用すると、面倒なメールアドレスの入力や住所の入力などの手間が大幅に省けます。 そうすれば、予測変換からプライベートな情報が他人に漏れる危険を回避することができるでしょう。 「ユーザー辞書」をタップ• シークレットモードを利用すれば、そもそも履歴を残さずに利用することもできます。 ユーザー辞書の画面で削除したい言葉を左にスワイプすると、下記のように「削除」のメニューが現れるのでそこから削除できます。 予測変換に表示されている単語をリセットする方法を使うとよいでしょう。

>

iPhone・Androidの予測変換を削除する方法|非表示の設定も解説

iPhoneにはプライベートがぎゅっと詰まっていますので、どんな時でも細心の注意を払うように気をつけましょう。 予測変換を削除しても機能自体をオフにしない限り、また新たな予測変換が作られるのです。 最新iPhone 12を公式Webサイトから今すぐ予約・購入! iPhoneで予測変換を設定する方法 iPhoneでは効率よく入力できるように入力する言葉を学習し、次回入力するときに候補として表示させる機能が搭載されています。 「一般」の項目をタップ• 特定の単語が表示されないようにするためには、ほかの単語をひたすら入力して、対象の単語の表示順位を下げる必要があります。 簡単な設定変更で検索履歴の表示を削除できますので、気になる人は削除しておきましょう。

>

iPhone・Androidの予測変換を削除する方法|非表示の設定も解説

パスコードを設定している場合には、パスコードを入力する• 上記のように、予測変換の削除を行っても、ユーザー辞書は影響を受けません。 通知ウィジットにあるNEWSやマップなども必要ない場合は、Siriの検索候補と同様の手順で非表示にすることが可能です。 iPhoneの予測変換を削除・非表示にする方法 iPhoneの予測変換を削除する方法 iPhoneの予測変換は以下の方法で削除することができます。 ユーザー辞書は自分で言葉の登録ができます。 ユーザー辞書に登録されている言葉の一覧が表示されます。 登録する「単語」と「読み」をそれぞれ入力し、「保存」をタップ これで、ユーザー辞書に特定の言葉が登録されます。

>

iPhone・Androidの検索履歴を削除する方法|削除しておきたい6つの履歴も紹介

ただし、注意しなければならないのが、プライベートブラウズモードで開いたタブを閉じずに通常モードへと戻ってしまうと、次にプライベートブラウズモードを開いた際にそのままタブが表示されてしまいます。 さらにシークレットモードを利用すれば、そもそも履歴を残さずに利用することもできます。 予測変換機能をオフにする方法は「キーボードで進める方法」と、「設定アプリから進める方法」の2つです。 最後に 今回はiPhoneで文字入力中に出る予測変換候補を削除する方法を紹介しました。 ユーザー辞書に不具合を感じるときには、この方法も試してみてください。 精度が悪くて使いにくい場合 使いたい語句がタイムリーに表示される予測変換は、入力が早くスムーズにできるのでとても便利です。

>

iPhoneの予測変換がおかしい・覚えないのはなぜ?削除・リセットする方法

最新iPhone 12を公式Webサイトから今すぐ予約・購入! iPhoneのユーザー辞書について ユーザー辞書は、入力の際によく使う言葉を登録して変換候補に表示させる機能です。 削除完了 予測変換を設定するときと同じく、「設定」アイコンから「一般」へすすみます。 「一般」をタップする• 『Siriの検索候補』をオンにした状態で『連絡先』をオフにする。 「キーボードの変換学習をリセット」をタップ• 変換学習をリセットしたときの注意事項 メモやメールならば問題ないのですが、注意したいのはsafari内で検索するときに入力した場合。 「設定」アプリを開く• 「キーボードの変換学習をリセット」を選択• ただし、予測変換の削除は1つの単語だけを削除することはできません。 特にやましいキーワードがなくても、見られてしまうといい気持ちはしないものです。 iPhoneで予測変換を削除する方法 iPhoneに記憶された予測変換を削除することはできます。

>

見られたくない変換候補が出ないように! iPhone/Android™の予測変換機能を無効にする方法

Safariでサイトを表示する度に履歴として記録されていきます。 iPhoneで予測変換を非表示・削除する方法 ・予測変換を非表示にする方法(英語入力のみ) 削除だと不便に感じる人や、一時的に見せたくない場合は、削除でなく「非表示」にする方法がいいだろう。 Safariのネット閲覧履歴は簡単に削除できますので、気になる人は削除することを癖づけておきましょう。 また、登録できるのは単語だけではありません。 履歴だけでなく、サジェストも削除しておけば、人に見られても何の心配もありません。 メール履歴 不要なメッセージをゴミ箱に入れても、アカウントごとに用意されたゴミ箱を空にしなければ完全に削除されることはありません。 実際に特定の単語が削除されるわけではありませんが、この方法なら予測変換で上位に表示されにくくなります。

>