板垣 勝彦。 板垣 勝彦

プロフィール・研究業績

主要著書『住宅市場と行政法ー耐震偽装、まちづくり、住宅セーフティネットと法』(第一法規・2017)2018年度都市住宅学会賞(著作賞)受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです). 東京大学法科大学院修了。 研究者番号 50451761 その他のID• 『地方自治法の現代的課題』が、自治体学会研究論文賞を受賞しました! 令和元年末に刊行した『地方自治法の現代的課題』が、第10回自治体学会賞(2020年度)の「研究論文賞」を受賞しました。 [弊社事業のご案内]15:00~ *「Zoom」ウェビナー機能を利用したオンラインセミナー形式で開催します。 都市住宅政策は人口減少にどう向き合うべきか? 令和2年度千葉大学法政経学部「行政法1」「行政法2」について 「行政法1」の講義資料は 「行政法2」の講義資料は 授業は、YOUTUBEを用いて進めていきます。 プロフィール・研究業績は 生い立ちは 研究への考え方は 教育への取組みは 日常生活は 鉄道模型は 行政法1・2の授業動画のWEB配信は 地方自治法の授業動画のWEB配信は Facebook,Twitter,Instagramは、[フォロー]から辿ってください。

>

プロフィール・研究業績

なお、お申込みは、自治体職員の方に限らせていただきます。 国際化に対応した不動産政策-外国人との共生をいかに進めるか 日本不動産学会2020年度春季全国大会シンポジウム 2020• 板垣 勝彦, 井出 多加子, 植木 誠, 太田 充, 仙田 満, 福井 秀夫. 専攻は行政法学。 このたび、株式会社ぎょうせいでは、「行政手続制度WEBセミナー」をオンラインにて開催いたします。 東京大学大学院法学政治学研究科助教、国土交通省住宅局住宅総合整備課主査、山梨学院大学法学部講師を経て、平成25年より現職。 一般財団法人地方自治研究機構の令和2年度調査研究「自治体における行政手続の適法・適正な運用に係る自己診断に関する調査研究」の研究会委員。 質問は、お申込みの際に、入力フォームにご記入ください。 平成26年、博士(法学)(東京大学)学位取得。

>

KAKEN — 研究者をさがす

多数のご参加誠にありがとうございました。 主な著書に『保障行政の法理論』(弘文堂、平成25年)、(ぎょうせ い、平成29年)など。 -コンパクトシティの形成に向けて- 2019年度都市住宅学会学術講演会 2019 Works 2件 :• 現職 横浜国立大学准教授(行政法) 略歴 昭和56年 3月 福島市に生まれる。 リスク社会と行為規範の設定--大川小学校の惨劇が遺したもの. 伊藤 ケイ子, 須田 善明, 早坂 進, 板垣 勝彦, 姥浦 道生, 丸谷浩明, 島田 明夫. 以下の申込専用サイトからお申込みをお願いいたします。 第27回学術講演会報告メインシンポジウム「都市住宅政策は人口減少にどう向き合うべきか? 趣味 ・ 鉄道模型 ・ 旅行、ドライブ ・ 野球観戦 もご覧ください。 第27回学術講演会報告ワークショップ4「デザイン・設計・知的創造物はどう選ぶべきか 」. 平成19年、司法試験合格。

>

【開催済】行政手続制度WEBセミナー~デジタル化を見据えて~

お申込みはこちらから: 参加費: 無料 講師のご紹介: 板垣 勝彦(いたがき・かつひこ) 横浜国立大学准教授(行政法) 東京大学大学院法学政治学研究科法曹養成専攻専門職学位課程修了。 あらためて関係者の皆様に御礼申し上げます。 「教科書」とあるのは、「公務員をめざす人に贈る行政法教科書」です。 デザイン・設計・知的創造物はどう選ぶべきか 2019年度都市住宅学会学術講演会 2019• 人口減少社会におけるインフラ行政の民営化・民間委託 人口減少時代のインフラ維持管理を考える ーシュタットベルケと公民連携のあり方ー 2019• 授賞理由においては、非常に重要な論点であるにもかかわらず、従来法的観点からあまり論じられることのなかった分野までをカバーする意欲的な著作であって、各章の記述は緻密で、学問的水準は高く、テーマも現代的であり、論述の視点も自治体関係者にとって大いに参考になるものであると評されています。 昭和56年、福島市生まれ。

>

板垣 勝彦

博士(法学)。 国土交通省住宅局住宅総合整備課主査、山梨学院大学法学部講師を経て、平成25年より現職。 行政訴訟はどのような社会的役割を果たすべきか-法と経済学が示唆する行政法理論と立法の改変 2020年度法と経済学会全国大会シンポジウム 2020• 【目 次】 はしがき/凡例/行政法で問題となる紛争類型の4タイプ 第1講 行政法の存在理由,法律による行政の原理,行政組織法 第2講 行政過程の全体像,行政処分の「違法」1(実体的違法) 第3講 行政処分の「違法」2(手続的違法) 第4講 行政処分をめぐる諸問題,行政立法 第5講 行政指導,行政契約,行政計画 第6講 行政争訟法総説,行政訴訟と民事訴訟,行政不服審査法 第7講 取消訴訟の要件1(処分性) 第8講 取消訴訟の要件2(原告適格,その他) 第9講 取消訴訟の審理,判決の効力,仮の救済 第10講 取消訴訟以外の抗告訴訟,当事者訴訟,客観訴訟 第11講 国家補償法総説,国家賠償法1(国賠法1条) 第12講 国家賠償法2(規制権限不行使,国賠法2条,その他) 第13講 損失補償,国家補償の谷間,救済の限界 第14講 行政上の実効性確保 第15講 行政と情報 判例索引/事項索引/著者紹介 【目次】(「BOOK」データベースより) 行政法の存在理由、法律による行政の原理、行政組織法/行政過程の全体像、行政処分の「違法」(実体的違法/手続的違法)/行政処分をめぐる諸問題、行政立法/行政指導、行政契約、行政計画/行政争訟法総説、行政訴訟と民事訴訟、行政不服審査法/取消訴訟の要件(処分性/原告適格、その他)/取消訴訟の審理、判決の効力、仮の救済/取消訴訟以外の抗告訴訟、当事者訴訟、客員訴訟/国家補償法総説、国家賠償法(国賠法1条/規制権限不行使、国賠法2条、その他)/損失補償、国家補償の谷間、救済の限界/行政上の実効性確保/行政と情報 【著者情報】(「BOOK」データベースより) 板垣勝彦(イタガキカツヒコ) 横浜国立大学大学院国際社会科学研究院准教授。 特設サイトは ただし、「行政法2」の動画は、から辿ってください。 公的部門における書面規制、押印、対面規制の見直しなど、新しい生活様式への対応が求められる今、改めて「行政手続」にクローズアップします。 新型コロナ感染症対策の影響により、行政手続デジタル化の流れが加速しています。 今回のWEBセミナーでは、 板垣勝彦横浜国立大学准教授を講師にお招きし、デジタル化を見据えた行政手続制度についてご講演いただきます。

>

プロフィール・研究業績

平成19年 4月 東京大学大学院法学政治学研究科助教 同 年 9月 司法試験合格 平成22年 4月 国土交通省住宅局住宅総合整備課主査 平成23年 4月 山梨学院大学法学部講師 平成25年 4月 横浜国立大学大学院国際社会科学研究院准教授 平成26年7月 博士(法学)の学位を取得 もご覧ください。 151-165• 466• 福島県立福島高等学校、東京大学法学部卒業。 。 なお、弊社の行政手続制度に係る整備支援業務のご紹介もさせていただきます。 。 。

>