勘案 する 意味。 「勘案」の意味と使い方、例文、敬語として使えるか、「考慮・検討・鑑みる」との違い

「勘案」の意味とは?読み方や敬語表現・類語表現も解説

反省) 「冷静に自身のことを内省する」 思慮 (意味:注意深く考え思うこと。 「事柄」と対象にする場合と同様に、「人の意見」を対象にした場合も「ひとつの意見」ではなく「複数の意見」という意味合いになるため注意しましょう。 彼の意見を検討して決めたい。 そして「勘案」は日本人の精神である「おもてなし」の心ががっちり含まれた言葉になります。 こちらも「勘案する」と同じく、ただ考えるだけではありません。 どの言葉も、「勘案」と同じように、「じっくり物事を考えて答えを出す」という意味合いを持っています。

>

「勘案」とは?読み方や意味・類語・英語表現をまとめて解説!

自分の発言に説得力を持たせることができる言葉になりますので、そういった場では「勘案」は是非躊躇せずに使っていただきたい言葉になります。 勘案するの類義語や同義語には、配慮する、頭に置く、念頭に置く、考慮に入れる、考える、計算に入れる、カウントする、考慮する、視野に入れる、考えに入れる、検討する、言い分を聞く、主張を聞くなどがあります。 また、謙譲語にする場合は、 「勘案いたします」「勘案させていただきます」となり、丁寧語なら 「勘案します」と最後に「です」「ます」を付けると丁寧な言い方になりますよ。 また、「勘案する」の「勘案」の類語としては、「考慮」「考察」「熟考」「思慮」「検討」「斟酌」「加味」「配慮」などがあります。 他にも、物事を深く考える 「内省する」「考えにふける」「思慮」「思索」「熟考」「思案」、相手の事情をくんで考える 「加味」「考慮」や、 相手の事情に思いを寄せる 「忖度」「配慮」など、似たような意味を持つ言葉は数多くあります。 また、「案」は机のことを表している漢字であり、「考え」「予想」「計画」などの意味を持っています。 」という意味合いが含まれますが、「勘案」には含まれません。

>

「鑑みる」の意味と使い方例文4つ|「考慮する」との違いとは

これらも含めて考えると、「勘案する」の類語は多いと言えるでしょう。 そのご老人の忠言「を念頭に置いて」、対策を立てよう ・亀の甲より年の劫。 「勘案」の意味としては「いくつかの事案について考えを巡らせること」が基本的な意味合いになりますが、物事を考える時には考える要素がいくつかあるということが基本になりますので、使い方に気を付けなければならない言葉ではあるものの、割と幅広く使える言葉であるということができるかと思います。 」と色々な要素・複数のことを考える場合に使います。 「視野に入れる」の方がカジュアルではありますが、考えを巡らすという意味合いでは「勘案」の方がよりその要素が強くでる言葉になります。

>

「勘案」の意味とは?「勘案」と「鑑みる」「考案」の違い・英語・類語

つまり、 「考慮」は「勘案」よりも意味が広い言葉なのです。 「勘案」を使った言葉・慣用句や熟語・サービスなど 意味を解釈• また、相手に参考にしてほしいという旨を伝える際に「ご参考ください」という言葉を使っている方もいるのではないでしょうか?しかし、この敬語には賛否両論あるようです。 「勘案」はお役所でよく使われますが、「各方面の意見を勘案」していることが先延ばしや責任回避に見えてしまうこともあります。 そういった意味では「勘案」だけではなく、類語もしっかり使いこなせることが「勘案」の使いこなしには重要になります。 斟酌 しんしゃく 相手の事情や心情をくみとること。 たしかに、政治的な判断を下すためには、様々な事情や人々の心情をよく考える必要がありますよね。

>

勘案するとは?読み方や英語、意味や使い方を紹介

「検討」は「勘案」と同じように使うこともできますが、より「一つのものをじっくり考える」というニュアンスが強い言葉です。 思いめぐらすこと。 「考慮する」あたりが一番オールマイティーに使いやすいかもしれませんね。 [名] スル 物事を、いろいろの要素を含めてよく考えること。 「勘案」はいろいろなものを調べて考えるということを、「考慮」は判断の前に周囲への思いをめぐらせることを表しているのです。 何故ならわざわざ「勘案」という言葉を使わなくても、例えば「配慮」や「視野に入れる」など、比較的なじみがありその意味合いを示す類語がしっかり存在している言葉であるからです。

>

「勘案」の意味と使い方、「考慮・斟酌・鑑みる」との違い

・様々な条件を勘案して判断する。 つまり、 「勘案」は「考える」という意味を持つ2つの漢字を組み合わせた言葉です。 「勘案」を是非今後使いこなして、場の空気も人の心もがっちり掴んでください!• つまり、「勘案」「ご勘案」とは、よく調べて考得るという意味なのです。 分からない難しい言葉よりも分かりやすい言葉で伝える人の方が好感を持たれます。 十分に思いをめぐらすこと。

>

「鑑みる」の意味と使い方例文4つ|「考慮する」との違いとは

あれこれと照らし合わせて取捨すること• 何かを決める際には1つの考えや案に固執するのではなく、さまざまなアプローチの方法を考えてみましょう。 「勘案」との違いは個人的事情のウエイト 「勘案」も「考慮」もともに、さまざまなことに考えをめぐらせることを指す言葉ですが、微妙に意味合いが異なります。 よく調べてから考えること」 「検討」は「詳しく調べること。 物事をいろいろの要素を含めてよく考えること。 「勘」は「考え合わせる。 それがふさわしくない場合は類語を使う、ここが最大のポイントになります。 「考える」や「考えてみる」などと発音や意味合いが似ているため混同しやすいですが、ニュアンスが微妙に異なるので注意が必要です。

>

勘案するとは?読み方や英語、意味や使い方を紹介

諸々の情勢を勘案して、体制を整える。 」です。 「勘案」の「勘」はこちらの意味で使われています。 このように、比較対象が存在して、それを引き合いに出して考えるという場合には「鑑みる」を使います。 ・諸事情ご勘案の上、ご配慮いただけますようお願い申し上げます。 「考慮」の使われかたの例. この表現をすることによって、複数の結果を参照していることがわかります。 「考」が「考えること」を、「慮」が「あれこれと思いを巡らすこと」を表します。

>