川口 労働 基準 監督 署。 労働基準監督署は相談で何をしてくれる|労働者の労働問題相談所(埼玉・春日部)

新潟労働局ホームページ : 労働基準監督署のご案内

最低賃金• 例えば、労働者が通勤途中や業務中に事故で負傷したとしましょう。 (1)労働基準監督署ができること 労働基準監督署は、労働者の相談に対して、どのような解決方法や手続きがあるのか、どの労働基準法等に違反している可能性があるのかなどのアドバイスを行います。 労働基準監督署は、弁護士のように労働者を代理して、裁判などを利用し、 残業代を強制的に支払わせることはできません。 2 労働基準監督署の面談担当者 労働基準監督署で働いている方は、みんな労働基準監督署の正式な職員とは限りません。 (2)企業への訪問と調査 相談の内容によって労働基準監督署は、事実関係を確認するために対象となっている企業を訪問し、調査する場合があります。 上記は、あくまでも当事務所に相談に訪れます相談者の話からうかがわれることです。 そうならないためにも残業代の請求を考えている方は、事前にこちらの記事をお読みください。

>

労働基準監督署管轄一覧(埼玉)|厚生労働省

したがって、その方に一生懸命話しても、あまりコメントはしてもらえない可能性があります。 もしも 企業の違法行為を証明できるものがあれば、 あらかじめ準備しておくと話がスムーズでしょう。 産業 時間額(改正後) 時間額(改正前) 引上額 非鉄金属製造業 948円 944円 4円 電子部品・デバイス・電子回路、 電気機械器具、情報通信機械器具製造業 954円 951円 3円 輸送用機械器具製造業 966円 961円 5円 光学機械器具・レンズ、時計・同部分品製造業 963円 959円 4円 各種商品小売業 改定なし (928円) 改定なし (926円) - 自動車小売業 962円 957円 5円 埼玉県最低工賃について 最低工賃とは、ある物品一定単位ごとに定める、工賃の最低額です 家内労働の委託者は、決められた最低工賃以上の工賃を支払わなければなりません。 なお、タイムカードが実労働時間を反映していないケースも多いことから、実際の時刻を記載した手帳などの記録があるとよりベターです。 労働問題の当事者は真剣です。 こうしたことは、労基署の担当者によっても温度差がありますので、とにかく、労働基準監督署に労働相談に行き、現状の実態を話して確認しましょう。

>

川口労働基準監督署|蕨市の管轄

また、労働審判や裁判の手続きをとる場合、弁護士が代理人となることで、 訴状などの書面の作成を一任できますし、これまでの経験や専門的な見地に立って、 依頼者にとって有利な主張をすることができます。 そこで本記事では、埼玉県で働くあなたがお住まいの地域が、8ヶ所のうちどこの労働基準監督署が管轄なのかが分かるよう、相談窓口をまとめました。 略称で「労基」「労基署」などと呼ばれ、全国で管轄する企業の監督や労災の手続きなどを行っています。 (3)労働審判や訴訟をサポート 企業が違法行為や損害賠償を認めないケースでは、 労働審判や裁判に発展することもあります。 悪質な条件下で働かせられたり、長時間のサービス残業をさせられたりしている場合は、方面(監督課)に相談するとよいでしょう。 4 しかし、労働基準監督署のほうが早く解決するものがある グレーゾーンの問題は労働基準監督署は強気になれず、守備範囲でもありません。

>

新潟労働局ホームページ : 労働基準監督署のご案内

さらに、ご希望であれば、その会社のほかの従業員も残業未払いなので、その 会社の労基法違反自体、全員のことを申告してもかまいません。 たとえば、残業の未払い賃金問題が慢性化されている企業には、時間外賃金の支払いを行うように勧告します。 丁寧な 事実確認 、 主張内容の検討 を行います。 」(この場合のあっせんは労働局のあっせんであり、労働委員会のあっせんではありません) と相談者が相談に行くとすると、かなりの人数の方に言っているようです。 「 それは労働基準監督署の仕事じゃないので・・」と言われてしまうかもしれません。

>

埼玉県|厚生労働省

あなたがお住まいの市区町村をお選びいただければ、管轄の労基署が分かります。 (3)企業に対して是正勧告 企業への調査の結果、 労働基準法等の違反が認められた場合は、 問題の解決をするように企業に是正勧告を行います。 時に「労働基準監督署だろ!」といった声を聴くことがあります。 法律家としての観点から、労働問題のアドバイスを受けることができます。 グレーゾーンの 法的判断はしないのです。 労働問題は、後で挙げました、 グレーゾーンのことがほとんどです。 労働基準監督署で相談出来ることについても触れていますので、ぜひ参考にしてみてください。

>

埼玉県|厚生労働省

また、賃金が適正に支払われていない事実を証明するために 必要な書類についても、適切なアドバイスを受けられます。 それによって残業代の支払いが受けられる可能性があります。 実際にあった事例ですが、相談時に労働基準監督署が言ったことが、後で間違っていたとわかることがあります。 ) を守らない企業を取り締まるための機関です。 法律でいうと、同じ労働法というくくりなのに、 労働契約法の領域はほとんとタッチしてきません。 」 必ずではないですが、 こんな内容を言われることが多いようです。

>

川口労働基準監督署|蕨市の管轄

最低賃金・最低工賃についてのお問い合わせ先 埼玉県最低賃金・最低工賃については 埼玉労働局賃金室(電話048-600-6205)または最寄りの労働基準監督署にお問い合わせください。 それらが揃う場合、未払い残業問題は、別に損害賠償請求の問題がないのであれば、 労働基準監督署のほうが解決は早いかもしれません。 労働基準監督署の話を聞いただけで、もう、労働問題の何割かは終わっています。 また、 仮に労働基準監督署を頼るにしても、詳細な事実を伝え知っていただく必要が場合がほとんどかと思われますので、電話で述べるのではなく、行って対面で資料やメモ、出来事の時系列、出来事の詳細な記録などを持って話すことが賢明です。 労働相談コーナーに陣取っている職員は、 臨時の外部職員のケースが多くあります。 労働安全衛生法の規定により、従業員が50人以上いる企業は、健康診断を実施し、その結果を労働基準監督署に報告をしなければなりません。 (2)法テラス 法テラスは、 弁護士に依頼したいが費用がないなど、経済的余裕がない方が利用できる機関です。

>

埼玉県の最低賃金・最低工賃

雇入れのときの労働条件の明示• 労働基準監督署(以下、労基署)には管轄があり、どこの労基署に行っても受け付けてくれるわけではありません。 どうも、 あっせん案内所になってしまっているようです。 さらに、現場の機械の検査や、化学物質の取り扱いについて監視することも安全衛生課の業務となっています。 新人の社会保険労務士の場合もあります。 厚生労働省の中にあり、 労働者の個別の相談には基本的に応じていません。

>