日 新 製鋼 呉 リストラ。 「日鉄日新製鋼」のニュース一覧: 日本経済新聞

【経済インサイド】リストラの序章か 日本製鉄の大がかりな組織再編(1/2ページ)

その役割が担えないほど鉄鋼業界はいま厳しい状況に置かれている。 子会社の日鉄日新製鋼が運営する呉製鉄所(広島県呉市)では8月に火災が発生し、製鋼工程の一部が停止。 どこの製鉄所のどんな設備が合理化策の対象なのか。 全体像は見えないものの、そのことばから、2月に発表される合理化策は、かなり踏み込んだ内容になると予想し取材を深めることにした。 同日東京都内で記者会見した右田彰雄副社長は「今後も環境変化に応じて対策を講じる」と語り、追加の事業リストラの可能性を示唆した。

>

日本製鉄、呉製鉄所を閉鎖へ 極めて異例の全面閉鎖:朝日新聞デジタル

希望退職は募集しない見通しだ。 見学コースから離れているため視認できなかったが、耐久性を高めた新しい煙突を建てている最中という。 【2020年移動距離】2,931km <編集後記> ほしいバックパックがなかなか手に入らない。 例えば、船で例えるなら大企業を大型船として、中小企業を小型ボートにします。 右田彰雄副社長は会見で、足元の状況について「過去に例を見ない状況に直面している。

>

日本製鉄、呉製鉄所の全面休止など構造改革実施へ 過剰能力削減

八幡製鉄所小倉地区(北九州市)の高炉の休止時期を20年9月末まで、広畑製鉄所(兵庫県姫路市)のブリキ製造ラインの休止時期を21年3月末までに前倒しすることも盛り込んだ。 地元の経済界などからは「1年半後に止めることが決まっているのに、時間やコストをかけて再稼働するだろうか」との声が出ており、製鉄所閉鎖方針の変更や、第1高炉のトラブルがない限り第2高炉の再稼働はないという見方もある。 「製鉄所とは一緒に成長してきたのに、日鉄からは何も説明がない」。 同製鉄所の小倉順広報センター長は、9月初旬の台風15号で受けた被害についてそう説明した。 19年の国内粗鋼生産量は前年比4・8%減の9928万トンと5年連続減少し、リーマン・ショック直後の09年以来10年ぶりの1億トン割れ。 製鉄所内の火災を受け、昨年12月に決めていた措置。 地域経済への影響を最小限にとどめるための支援について、岸田文雄 衆議院議員(自民党政務調査会長)や寺田稔 衆議院議員、斉藤鉄夫 衆議院議員(公明党幹事長)等に対して、要望活動を実施• 以前から市場変化への対応遅れもあり、その引き金が火災だった気がしています。

>

日本製鉄、大リストラ序章か 組織再編断行、統廃合・人員削減へ布石

今回休止の対象となったのは呉製鉄所(広島県)などが中心だが、改革はこれで終わりそうもない。 同社は状況を確認し、18日以降に再稼働させる。 昨年8月に火災があった工場の操業停止が長期化し、鋼片などの減産で二つの高炉ともに低稼働が続いているのが主な理由。 nui-icon--icon-paperviewer-print-sub,. 日鉄にとって高炉を擁する製鉄所の閉鎖は初めてで、対象となる呉製鉄所の地元・広島県呉市では「呉が崩壊しかねない」と悲鳴が上がる。 要因の1つが、中国の鉄鋼メーカーによる過剰生産と、それに伴う市況の悪化だ。 (見田崇志、浜村満大). 子会社の日鉄日新製鋼が運営する呉製鉄所(広島県呉市)では8月に火災が発生し、製鋼工程の一部が停止。

>

日鉄呉で高炉トラブル相次ぐ 安定操業に懸念の声

相次いでトラブル 君津では強風で、第一製鋼工場にある高さ約70メートルのガス処理用の煙突(燃焼放散塔)が倒壊。 nui-icon--iserc-angle-double-right,. 国内鉄鋼最大手、日本製鉄が傘下の呉製鉄所()の全2高炉を休止する方針を固めた。 闇夜に浮かび上がる呉製鉄所=広島県呉市昭和町で2020年2月、賀有勇撮影 鉄鋼国内最大手の日本製鉄が打ち出した合理化策が各地で波紋を広げている。 地域経済や協力企業を含めた雇用への影響は避けられない。 公表済みの呉の残る1基と八幡製鉄所小倉地区(北九州市)の高炉の休止は前倒しする。 本部会議以降の動き• もちろん配置転換で異動を会社側は提案すると思いますが、苦渋の決断を余儀なくされます。

>

ビジネス特集 呉製鉄所 全面閉鎖の衝撃~冬の時代に入った鉄鋼業界~

君津や鹿島製鉄所(茨城県鹿嶋市)は「東日本製鉄所」、大分製鉄所(大分市)や八幡製鉄所(北九州市)は「九州製鉄所」となる。 被災後の公開はこれが初めてという。 ここ数年の同社は、何かにたたられているとしか思えないほど、トラブルが頻発してきた。 簡単に転勤なんてできない」と不安そうに話した。 幸い人的被害はなかったものの、同工場は今も生産停止中で、復旧には年内いっぱいかかる見通しだ。

>