巷 意味。 「巷」とは?意味や使い方を解説!

「巷」とは?意味や使い方を読み方を含めてご紹介

「巷間」の例文2 「巷間でしか知られていないと思ったが、意外と広く浸透しているらしい」 その周辺だけの流行りだと思っていた対象が、もっと広い範囲で知られていたと言っています。 (巷間で言われていたように今年の冬は暖冬だったため、冬が苦手な私には都合が良かった。 あまり広い対象という意味はなく、最後の 「街中」程度のイメージで捉えてください。 「巷間」の例文3 「巷間で聞いた話では、あの店は来月で閉店するらしい」 狭い範囲を指して使う言葉だということが分かる例文です。 そのため、「借金を清算する」「関係を清算する」といった表現をします。 巷間が示す範囲はその程度だと考えて使ってください。 その読み方とは 「ちまた」で、 「こうかん」では分からなくても、この言葉なら知っているという人も多いでしょう。

>

「巷」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ

漢字で書くと 「喧しい・囂しい」となります。 したがって、 精算は金額を過不足なく正確に計算する、細かく計算して金額を確定するといった意味をもちます。 最近、 巷間かまびすしいマラソンのシューズ問題だが、ある程度の厚底は認めるという判断が下されたようだ。 「清らか」「けがれのない」「後に余分なものを残さずきれいにする」といった意味を持ちます。 「巷間」の言葉の使い方 巷間は、 「巷で噂になっている」などと使う言葉です。 「世間」の意味で使われています。 意味 分かれ道/ちまた/村の中の小道/世間 熟語 巷/岐/衢【ちまた】 道の分かれる所。

>

「巷間」とは?意味や使い方を解説

「道が分かれるところ」とは、言い換えれば、 多方面から多様な物・人・情報が集まり、交差する場所のことです。 巷塵【こうじん】 市街地に巻き立つ塵 チリ。 他にも、「市井」を使った表現として、「市井の徒」という言葉があります。 精算とは?清算とは? 普段何気なく使っている「精算」「清算」ですが、どのような意味をもっているのしょうか。 「経費を精算する」「運賃を精算」といった金銭に関係する使い方が一般的です。 しかし時代が変わっても、人々が情報の集まる場所に集い、世にある様々な声を聞きたがるという点は不思議と変わっていません。

>

「巷間」とは?意味や使い方をご紹介

前述しましたが、それほど広い範囲を指して使う言葉ではないので、先の表現は 「ちょっとした噂になっている」と言い換えてもいいでしょう。 また、精算書は計算の内訳を詳細に記載した書類であるのに対し、清算書は金銭の受渡を証明するものです。 「巷」という言葉そのものを使わなかったとしても、それが指し示すものは、私たちの文化的な生活の中に深く根差しているといえそうです。 とくに、繁華な通り。 それぞれの使い分けを見ていきましょう。 まとめ 「巷」の画数・部首・書き順・読み方・意味について、もう一度おさらいする。 借金の返済などは「清算」 清算は「懸案事項について結論を出し、はっきりさせる」という意味で使われるのが一般的です。

>

「巷」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ

また、飲み会の飲食代は代表者が一旦レジで支払いを済ませた後、それを人数分で割り勘するケースがほとんどです。 全国区ではないものの、対象となる周辺では著名な地元の名士などがこのように表現されることがあります。 「巷」の語源については、「道(みち)」と「股(また)」が合わさって生まれた言葉とされています。 「巷で有名」「巷で話題」「巷で噂の」など、なじみのある表現で使われています。 まとめ 以上、この記事では「市井」について解説しました。 精算と清算の意味を理解し、正しく使い分けよう! 精算は金額を細かく計算することを意味し、経費の立替といった場面で使われます。 支障なく業務を行えるため、このような事象が起きていると考えられます。

>

「巷」とは?意味や使い方を読み方を含めてご紹介

「こまやか」「詳しい」などの意味を持ちます。 転じて 俗世 ゾクセ の汚れ・俗塵 ゾクジン。 例として、東北では氷のことを 「スガ」や 「シガ」と呼びますが、それ以外の地方ではまずそうとは呼ばない為、この例文のように使います。 「市井の徒」とは、「市中の無頼の徒 無頼の市民 」という意味です。 その 「巷」に 「間」を付け、 「巷間」となっても意味は変わらないと考えていいでしょう。 現代において「巷」という言葉はもっぱら4. 前者は借金を返済する、後者は関係を整理・解消するなどの意味を持ちます。 精算書と清算書の違いは? 精算書は経費・立替払いの精算など、 使途と支払先を明記し、内訳を細かく計算した書類です。

>

「巷」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ

。 この街は小さいから、彼女のことは 市井で既に話題になっている。 「巷間」を使った例文・解釈 巷間を使った例文です。 あけるだま アケルダマ。 道の分かれるところ。 「紅塵 コウジン 」とも呼ぶ。 清算の「算」は計算を意味しています。

>

「巷間」とは?意味や使い方を解説

道が股分かれしていることが、分かれ道であるところからきています。 修羅の巷【しゅらのちまた】 激しい戦争や死闘の場所。 「日割り精算」「日割り清算」と2通りの使い方が存在します。 「巷間」を英語で表現する場合、「街中の通りやご近所程度」に捉えるなら「in the neighborhood」で充分ですし、「世間」という広い範囲で捉えるなら「in society」が適しています。 (巷間の噂ではこの有名な女優さんは私の住んでいる街の出身らしい。 「修羅場 シュラバ、シュラジョウ 」とも呼ぶ。

>