Kokudokoutuusyou。 国土交通省の年収・給与(給料)・ボーナス(賞与)|エン ライトハウス (5234)

国土交通ホットラインステーション

流通業務の総合化及び効率化の促進に関する法律の一部を改正する法律• 公共土木施設の事業(第63号)• 自転車活用推進本部(第12条)• 一般会計の予算定員の機関別内訳は本省4,239人、国土技術政策総合研究所355人、国土地理院660人、海難審判所81人、地方整備局18,867人、北海道開発局4,395人、地方運輸局2,716人、地方航空局281人、観光庁220人、気象庁4,521人、気象研究所171人、運輸安全委員会189人、海上保安庁1万4328人となっている。 (第81号)• 安全・環境基準課• 幹部 [ ]• 2008年11月8日閲覧。 国土交通省の一般職職員は非現業のなので、のうち争議権と団体協約締結権はにより認められていない。 ( 、法律第27条第2項)• 技術企画課• の金融事業(第67号)• 流域管理官• (平成20年)10月1日、の新設、の事故原因究明業務との統合によるの新設、の廃止と同委員会業務の及びなどへの移管を内容とする組織改正を実施した。 観光戦略課• 営繕部• 国土交通審議官:• 7月1日、省内横断的な体制の確立や関連する行政の一元化等を図るために局の再編が行われ、関連行政を一元化するため、河川局と土地・水資源局水資源部、都市・地域整備局下水道部を再編して「水管理・国土保全局」に、土地・水資源局のうちの土地行政部局と総合政策局のうちの建設産業行政部局を再編して「土地・建設産業局」に、国土計画局と都市・地域整備局を「国土政策局」と「都市局」にそれぞれ再編したほか、「国際統括官」が設置され、自動車交通局は「自動車局」に改称された。 国立研究開発法人審議会 施設等機関 [ ]• (、法律第6条)• 過去の、、、の職務を包括するものとして、のと共に置かれた。

>

国土交通省

福利厚生課• 375億903万9千円)公共事業の貸付金の返済金(251億6651万7千円))雑収入の大部分は、公共事業費負担金(国の公共工事について地方自治体の負担するもの(5877億3622万6千円))である。 下水道事業課• (平成二十七年法律第七十二号)• (第119号)• (法律第6条)• 定期刊行の広報誌としては、大臣官房広報課が編集発行事務を行っている『』が隔月刊で発行されている。 地球環境・海洋部• (第32号)• 企画課• 船員の・対策・教育(第96~98号)• 国土交通省の発足に当たっては、旧・運輸省の運輸政策局と旧・建設省の建設経済局を統合して「総合政策局」が、旧・国土庁の大都市圏整備局、地方振興局のそれぞれ一部を統合して「国土計画局」が、旧・建設省の都市局と旧・国土庁の大都市圏整備局、地方振興局のそれぞれ一部を統合して「都市・地域整備局」が、旧・国土庁の土地局と長官官房水資源部を統合して「土地・水資源局」が、旧・運輸省の海運局と海上技術安全局を統合して「海事局」が、いずれも新設されたほか、旧・建設省からは、河川局、道路局、住宅局が、旧・運輸省からは、鉄道局、自動車交通局、航空局、港湾局が、そのまま移行した。 都市局長:• (11)(政令第258条) 所管法人 [ ] 国土交通省が主管するは2020年4月1日現在、以下の15法人である。 (第95号)• (平成二十九年法律第十号)• 交通部• 海事局長:• H27. 英語表記は当初 Ministry of Land, Infrastructure and Transport(land 国土、infrastructure 建設、インフラ、transport 交通、運輸)としていたが、2008年1月8日の発足にあわせて、「観光」を意味する tourism を加え、Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism とした。 建築指導課• 航行安全(第99号)• 行政情報化推進課• 北海道局長:• 事務所(法律第39条)• 総務課(政令第164条)• 01 施行• 交通環境部• なお人事院は予算所管では内閣に属するのでここにはない。

>

新しい地域MaaS創出を推進!令和2年度スマートモビリティチャレンジの実証地域を選定しました (METI/経済産業省)

総務課(政令第157条)• 当該再編にあたっては、特に規模の大きなものであった。 (月刊誌)• 運輸審議会(法律第6条)• 総務課(政令第62条)• (国家行政組織法第3条第2項別表第1、運輸安全委員会設置法、法律第41条第2項)• 観光地域振興部• ・水流及び水面(第54号)• 事業(第20号)• 歴代大臣 [ ] 国土交通大臣 代 氏名 内閣 就任日 退任日 党派 備考 1 (扇千景) 2001年 2 2001年4月26日 再任 留任 3 2003年9月22日 2003年 4 2003年11月19日 再任 5 2004年9月27日 6 2005年9月21日 再任 留任 7 2006年9月26日 留任 8 2007年9月26日 9 2008年8月2日 2008年 自由民主党 10 2008年9月24日 2008年 - () 2008年9月28日 2008年 臨時代理 11 2008年9月29日 12 2009年9月16日 13 2010年6月8日 2010年 再任 14 2010年9月17日 15 2011年1月14日 2011年 16 2011年9月2日 留任 17 2012年6月4日 2012年10月1日 2012年12月26日 留任 18 2012年12月26日 公明党 2014年9月3日 留任 19 2014年12月24日 2015年10月7日 20 2015年10月7日 2016年8月3日 2016年8月3日 2017年8月3日 留任 2017年8月3日 2017年11月1日 21 2017年11月1日 2018年10月2日 2018年10月2日 2019年9月11日 22 2019年9月11日 2020年9月16日 23 2020年9月16日 現職 留任• (5)(法律第48条第1項)• - 国土交通省採用・キャリア情報• 自動車局長:• 離島振興課• 共闘会議は国土交通省全建設労働組合(全建労)、全運輸労働組合(全運輸)、全運輸省港湾建設労働組合(全港建)、全気象労働組合(全気象)、海員学校職員組合(全海員)および海技大学校職員組合(海技大労組)の6単組で構成されていた。 政府の管掌する自動車損害賠償保障事業(第85号)• 党派の欄は、就任時、または、内閣発足時の所属政党を記載した。 (JR四国)• 河川環境課• サイバーセキュリティ・情報化審議官• 建築物(第69号)• 旧・北海道開発庁は単独の北海道局を構成した。 組合員数は非管理職員が1万1861人、管理職員が402人で、組織率はそれぞれ33. 街路交通施設課• 河川計画課• なお、他の省の外局の多くや国土交通省でも観光庁や気象庁はそれぞれの省の設置法に規定されているが、海上保安庁は、 という個別の法律に基づいている。 土地利用の調整(第30号)• 路政課• 総務部(政令第246条)• 港湾空港部• 環境安全・防災課• 道路運送(第77号)• 国際課• また新型コロナウイルス影響を受けた場合は、実証の期間や内容に変更が生じる場合がございます。

>

国土交通大臣

治水課• Please change the URL if you have added it to your Bookmark or Favorites. 保安部• 水資源政策課(政令第91条題2項)• 道路局長:• 地域交通課• H28. 特別会計の予算定員は、自動車安全特別会計7,807人、東日本大震災復興特別会計(国土交通省所管分)59人(すべて地方整備局)である。 (JR北海道)• (令和元年法律第四号)• 総務課(政令第91条)• 国際観光課• (第50号)• モビリティ関連データの取得、交通・都市政策との連携• 運輸支局(法律第37条)• 次官級。 なお、インターネットからの投稿、電話、FAX、郵送での受付については、これまでどおり対応しています。 各地域で新しいモビリティサービスの実証実験や事業性分析等を実施し、ベストプラクティスの抽出や横断的課題の整理等を行うことを通じて、地域モビリティの維持・強化、さらには移動課題の解決、地域経済の活性化を推進します。 (平成二十七年法律第五十六号)• 国交職組は前身を建設省職員組合(建職組)といい、建設省が国土交通省へ統合されたことに伴い現名に改称した。 観測部• 総務部(政令第208条第4項)• 首都圏空港課• (JB本四高速)• 地方整備局 [ ]• 計画課• は認められており、職員はとして国公法の規定する「」を結成し、若しくは結成せず、又はこれに加入し、若しくは加入しないことができる(国公法第108条の2第3項)。 国が行う土地の・の調製(第9号)• また、海上保安庁以外の船舶が、大臣旗や庁旗、長官旗などの「海上保安庁の旗」に類似した旗を掲げることは、により禁じられている。

>

国土交通ホットラインステーション

(東京メトロ)• 経済産業省 4月22日から6月29日まで、新しいモビリティサービスの社会実装に向けて、以下の5つの要素や自動走行を活用したものに関する実証実験や事業性分析等に取り組む「先進パイロット地域」を募集し、有識者による企画運営委員会の審議等も経て、「先進パイロット地域」として16地域を選定しました(別紙1)。 H29. 本システムのリニューアル(利用者アンケート画面の開設等)に伴い,本システムのURLが以下の通り変更となります。 外国人観光旅客の旅行の容易化等の促進による国際観光の振興に関する法律の一部を改正する法律• うち、「土地白書」「観光白書」「首都圏白書」は、それぞれ土地基本法第10条、観光立国推進基本法第8条および首都圏整備法第30条の2の規定により、毎年度、政府が国会に提出する報告書ないし施策文書が収録される。 運輸安全監理官• 都市開発資金の貸付け(第47号)• 不動産市場整備課• 事務局連絡先 国立研究開発法人産業技術総合研究所 ヒューマンモビリティ研究センター 地域新MaaS創出推進事業公募事務局 担当者:横田、橋本、加藤 電話:029-861-7127 E-mail:. 01 施行• 04 施行• 「Go To トラベル事業」に関するご意見等については、観光庁ホームページのにお願いします。 水資源施設(第55号)• 総務部(政令第226条)• 「(令和元年7月1日現在)• 海外プロジェクト審議官• 公園緑地・景観課• 建設業課• 危機管理・運輸安全政策審議官• 内部部局等 [ ]• 支所(法律第28条第3項)• 総合計画課• 都市安全課• 観光産業課• 総務課(政令第122条)• 給与に占める手当の割合が大きいので、地方の出先機関勤務の場合は本省勤務の場合と比較し給与が大きく下がります。 観光資源課• 異業種との連携による収益活用・付加価値創出• 『』 -。 ・及び急傾斜地の崩壊・雪崩の防止(第60号)• 土地の使用及び(第6号)• 航空機安全課• 01 施行• (法律第6条)• 中央建築士審査会(、法律第6条)• (第13号)• 船舶油濁損害賠償保障法の一部を改正する法律• 水防(第62号)• 技術・環境政策課• 情報政策課• (第22号)• (第70号)• 港政課• 海岸の管理(第61号)• 01 施行• 海洋・環境課• 企画部• 安全部• 国土交通省が主管する(特別民間法人)は、2020年4月1日現在、以下の4法人がある。

>

国土交通省の年収・給与(給料)・ボーナス(賞与)|エン ライトハウス (5234)

。 環境政策課• (第121号) 組織 [ ] 国土交通省分館(中央合同庁舎第2号館) 国土交通省の内部組織は一般的に、法律の、政令の国土交通省組織令および省令の国土交通省組織規則が階層的に規定している。 企画観光部• (法律第5条) 国土交通省の所掌事務に係る技術を統理する。 国土交通省のシンボルとしては、漢字の「心」の文字を化したが用いられている。 物流政策課• (・・との共管)• 砂防部• 本省及び各外局別の定員は省令の国土交通省定員規則が、本省3万8944人(令和2年9月30日までは、3万9038人)、観光庁220人、気象庁5,007人、運輸安全委員会181人(事務局の定員)、海上保安庁1万4328人と規定する。 隣接地域の振興(第41号)• 自動車安全特別会計は、本来の勘定である保障勘定及び自動車検査登録勘定のほか、当分の間として自動車事故対策勘定、経過勘定として空港整備勘定を含んでいる。 総合政策局長:• 自動車情報課• 国際政策課• 総務課(政令第36条)• 住宅生産課• の登録・安全・製造(第105~107号)• (政令第217条)• 水資源開発基本計画(第35号)• 整備課• ほかに全開発と沖縄国家公務員労働組合気象支部も国公連合に組織されている。

>

国土交通省設置法

モビリティでのサービス提供• (法律第30条)• (2人)• 保全課• 国土交通省が主管するにはがある。 下水道部• 総務課(政令第114条)• 航空路・航空交通管制(第110号)• 住宅の供給・居住環境(第66号)• 31 施行• (第58号)• 通算最長在任記録:1436日(3年11か月) - 石井啓一 脚注 [ ] []. (第48号)• 官庁営繕部(政令第2条第2項)• 建設市場整備課• 海事思想の普及・宣伝(第89号)• 2001年に国土交通大臣が設置された際、英語での呼称は「Minister of Land, Infrastructure and Transport」 とされていたが、の設置が正式に決定されたのを機にに改称された。 (NEXCO西日本)• 計画課• 港湾局長:• 口コミ投稿日:2020年02月 6日. 昇格にふさわしい年数になると、昇格できるように評価が調整されている場合もあるような気がします。 。 。 。 。

>